朝鮮王朝の「ウラの3大悪女」はなぜ恐ろしいのか

 

悪女を通して朝鮮王朝の歴史を見ると本当に興味深いです。しかも、韓国時代劇の面白さは、個性的な悪女がいっぱい出てきて、人間の恐ろしさを存分に見せてくれるからでしょう。その中でも恐ろしいのが「ウラの3大悪女」です。




3人の悪行

朝鮮王朝には「ウラの3大悪女」と呼ばれる3人がいます。
この3人は本当に巨悪でした。
それは、11代王・中宗(チュンジョン)の三番目の正室だった文定王后(ムンジョンワンフ)、21代王・英祖(ヨンジョ)の二番目の正室の貞純王后(チョンスンワンフ)、そして23代王・純祖(スンジョ)の正室だった純元王后(スヌォンワンフ)です。
この3人は摂政をしたり、王の代理として振る舞ったりしました。そういう意味では女帝と呼ぶにふさわしい3人なのです。
文定王后は、自分の息子を王にするために先妻の息子を毒殺するなど、悪政の最たる女性でした。
貞純王后はカトリック教徒が多い政敵に対して大弾圧を行なって、数万人を殺害しました。




純元王后は政治を私物化して、19世紀前半に自分の一族の繁栄だけを願い、国の政治を犠牲にして朝鮮王朝が衰退する原因を作っています。
このような巨悪が出てきた背景には何があるのでしょうか。
(ページ2に続く)

朝鮮王朝で一番の悪女は誰なのか?

「3大悪女」よりもっと性格がひどい悪女だった側室は誰なのか

「朝鮮王朝三大悪女」の中で誰が一番の悪女か?

「朝鮮王朝三大悪女」よりもっと強烈な悪女とは?

朝鮮王朝三大悪女は誰なのか

「三大悪女」の中で実は悪女でなかったのが張禧嬪(チャン・ヒビン)?

ページ:

1

2 3

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。

ページ上部へ戻る