朝鮮王朝を激震させた「呪いの三大悪女」とは誰なのか?

 

張緑水(チャン・ノクス)、鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)、張禧嬪(チャン・ヒビン)……「朝鮮王朝三大悪女」と呼ばれた3人だ。しかし、朝鮮王朝には他にも恐ろしい悪女がいた。今回は「呪いの三大悪女」を紹介しよう。




まさに因果応報

「呪いの三大悪女」の1人目は貴人(キイン)・趙氏(チョシ)だ。
彼女は16代王・仁祖(インジョ)の側室だった。
仁祖の長男は昭顕(ソヒョン)世子だが、妻の姜氏(カンシ)と一緒に1637年に清の人質となった。
この姜氏と貴人・趙氏はとても仲が悪かった。
昭顕世子の夫婦は1645年にようやく朝鮮半島に帰ってくるが、昭顕世子は2カ月で突然死んでしまう。毒殺を主導したのは、貴人・趙氏ではないかと言われている。
というのは、昭顕世子を鍼で毒殺したと疑われている医師と貴人・趙氏がとても親しかったからだ。
その後、昭顕世子の妻の姜氏も「仁祖の命を狙って献上のアワビに毒を盛った」という理由で、自害に追い込まれている。この事件の首謀者に姜氏を仕立て上げたのも貴人・趙氏に違いない。
とにかく、貴人・趙氏は性格が極端に悪く、仁祖の陰で悪事を働き続けた。
そんな悪女に天罰が下るときがやってくる。




仁祖が世を去って二男の孝宗(ヒョジョン)が即位すると、貴人・趙氏の立場が途端に悪くなった。最終的に彼女は孝宗から嫌われて死罪になっている。
因果応報と呼べる最期だった。
(ページ2に続く)

朝鮮王朝の三大悪女の最期はこんなにも悲惨だった!

「3大悪女」よりもっと性格がひどい悪女だった側室は誰なのか

朝鮮王朝の「ウラの3大悪女」はなぜ恐ろしいのか

トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?

朝鮮王朝で一番の悪女は誰なのか?

朝鮮王朝三大悪女の鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)は救いようがない悪女!

ページ:

1

2 3

関連記事

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る