朝鮮王朝で一番ひどい極悪ファミリーとは?

 

朝鮮王朝の政治の世界では、多くの悪人が暗躍していた。それは、韓国時代劇が描くとおりだ。その中で家族がこぞって悪人だったのが、文定(ムンジョン)王后と尹元衡(ユン・ウォニョン)と鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)のファミリーだった。

『オクニョ 運命の女(ひと)』ではチョン・ジュノが尹元衡(ユン・ウォニョン)を演じた




自分の一族で利権を独占

文定王后は、朝鮮王朝の11代王・中宗(チュンジョン)の三番目の正室だった。
中宗の二番目の王妃が産んだ長男が、後に12代王になる仁宗(インジョン)だ。しかし、その王妃は産後すぐに亡くなってしまう。そこで、中宗は再婚して文定王后が仁宗の継母になったのである。
文定王后は最初こそ仁宗を可愛がっていたのだが、自分も中宗の息子を出産することになった。つまり、文定王后がお腹を痛めて産んだ子を王にしたいと思った途端に、仁宗が邪魔になってきたのだ。
やがて、文定王后は仁宗の暗殺を狙い始めた。
1544年に中宗が亡くなった後、仁宗が12代王として即位したが、わずか8カ月で世を去ってしまう。
実は、文定王后が仁宗に勧めた餅に毒が盛られていたと言われている。
仁宗の死によって、文定王后は自分が産んだ息子を王に就けることに成功する。仁宗に子供がいなかったからだ。
こうして即位したのが13代王・明宗(ミョンジョン)である。
明宗はまだ11歳という未成年だったので、王族最長老であった文定王后が代理で政治を行なった。




その当時、朝鮮半島では長い凶作が続き、餓死する人が多かった。しかし、文定王后は政治の責任者でありながら、何の手も打たずに民を見殺しにした。さらに、自分の一族で利権を独占して政治を腐敗させた。
自分の私利私欲で政治を牛耳ったという意味で、文定王后ほどひどい統治者は他にいなかった。
この文定王后の実弟が尹元衡(ユン・ウォニョン)だ。
(ページ2に続く)

「3大悪女」よりもっと性格がひどい悪女だった側室は誰なのか

トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?

朝鮮王朝の「ウラの3大悪女」はなぜ恐ろしいのか

朝鮮王朝の三大悪女を五大悪女にするなら誰を加えるべきか?

朝鮮王朝を激震させた「呪いの三大悪女」とは誰なのか?

朝鮮王朝の三大悪女の最期はこんなにも悲惨だった!

ページ:

1

2

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。

ページ上部へ戻る