朝鮮王朝最高のシンデレラは女官から王妃になった張禧嬪(チャン・ヒビン)

粛宗が発した究極の言葉

朝鮮王朝時代には、地位のある人が妾を持ったりした。それでも正妻は絶対に嫉妬してはいけないという戒めがあった。
なにしろ、当時の法律によると、夫が抱えている妾に嫉妬しただけで妻は離縁されても文句が言えなかったのである。
粛宗はそれを根拠にして「とにかく仁顕王后が嫉妬深くて耐えられないので、廃妃(ペビ)にする」と宣言した。
その結果、仁顕王后は寂しく実家に帰されてしまう。
すぐに粛宗はまた高官たちを集めて、「今、王妃の座が空いている。これでは国が安定しない。民もみな新しい王妃を求めている」と言いだした。
とにかく粛宗は話が多い王であり、「朝鮮王朝実録」の中でもしゃべりまくっている。おそらく歴代王の中で一番言葉が多い王であったことだろう。




そんな彼から出てきた究極の言葉が「張禧嬪を王妃に昇格させたい」ということだった。こうして張禧嬪は、一介の女官から側室を経て王妃になったのである。
とはいえ、王妃でいられたのは5年にすぎなかったのだが……。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

「三大悪女」の中で実は悪女でなかったのが張禧嬪(チャン・ヒビン)?

粛宗(スクチョン)は張禧嬪(チャン・ヒビン)を死罪にするとき何を語ったか

朝鮮王朝悪女列伝5「張禧嬪(チャン・ヒビン)」

絶世の張禧嬪(チャン・ヒビン)/朝鮮王朝美女列伝4

粛宗(スクチョン)の母が張禧嬪(チャン・ヒビン)を王宮から追い出した!

朝鮮王朝三大悪女の張禧嬪(チャン・ヒビン)の哀れな最期!

ページ:
1

2

関連記事

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る