悪評の五大国王/朝鮮王朝の五大シリーズ3

 

世宗(セジョン)や正祖(チョンジョ)のように名君としてあまりに有名な国王がいれば、その反対に、民衆からさげすまれた国王もいる。特に評判が悪かった5人の国王を取り上げてみよう。




民衆が嫌悪した3人の国王

◆世祖(セジョ)
〔1417~1468年〕
7代王。在位は1455~1468年。首陽大君(スヤンデグン)という名でも知られる。4代王・世宗(セジョン)の二男で、6代王・端宗(タンジョン)の叔父。大変な野心家で、結局は端宗を脅して王座を奪ってしまう。その後は、端宗を復位させようという動きを徹底的に封じ、それを計画していた官僚たちを根こそぎ惨殺した。さらに世祖は、端宗が生きていると復位の動きがやまないと警戒し、端宗を庶民に降格させたうえで死罪にした。これだけ非道なので、評判がいいわけがない。

◆燕山君(ヨンサングン)
〔1476~1506年〕
10代王。在位は1494~1506年。9代王・成宗(ソンジョン)の長男として生まれた。元来が粗暴な性格で、王朝最悪の暴君と言われた。側室の張緑水(チャン・ノクス)と一緒に退廃した生活を送り、王朝の金庫をカラにした。多くの人に怨まれ、1506年にクーデターによって王位を追われた。同年に流罪先の江華島(カンファド)で絶命した。




◆宣祖(ソンジョ)
〔1552~1608年〕
14代王。在位は1567~1608年。朝鮮王朝で初めて庶子出身の王となった。学問的には優れていたが、1592年に豊臣軍が攻めてきたとき、真っ先に都を逃げ出して、庶民から「なんと情けない国王なのか」と嘲笑を受けた。また、後継者問題でも火種を残してしまった。
(ページ2に続く)

悲劇の五大世子/朝鮮王朝の五大シリーズ1

無念の五大国王/朝鮮王朝の五大シリーズ2

悲惨な五大王妃/朝鮮王朝の五大シリーズ4

仁祖(インジョ)!弟の復讐を果たして即位

即位してから評判が最悪だった仁祖(インジョ)!

『不滅の恋人』のイ・ガンは歴史上の首陽大君(スヤンデグン)のこと!

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る