韓国の視聴者はどう評価したか/「トッケビ」セレクト2

 

韓国で『トッケビ~君がくれた愛しい日々~』がケーブルチャンネルのtvNで放送されたのは、2016年12月2日から2017年1月21日までのことだった。全部で16回。このドラマは韓国でどのような評価を得ただろうか。

写真=tvN『トッケビ』公式サイトより




異例の高視聴率

ドラマ『トッケビ』は、韓国で放送前から大きな話題を集めていた。
理由は二つだ。
一つは、大物脚本家のキム・ウンスク作家の作品であったからだ。なにしろ、空前のヒット作となった『太陽の末裔』を書いた人だけに、その次回作に関心が集まるのも当然のことだった。
もう一つは、コン・ユの主演であったことだ。
コン・ユといえば、作品選びに慎重を期す俳優としてよく知られている。そんな寡作な俳優が満を持して選んだドラマということで、『トッケビ』は放送前から「箔が付いた」状態だった。
そんな期待感の中で、2016年12月2日からケーブルチャンネルのtvNで放送が始まった。
第1回の視聴率は6.3%であったが、評判を呼んで、第3回では12.5%にアップ。後半に入るとグングン上がり、最終回は20.5%になった。




地上波ではなくケーブルチャンネルで放送されたドラマとして、『トッケビ』は異例の高視聴率だった。
(ページ2に続く)

神秘な世界に酔う!/「トッケビ」セレクト1

人間の生死をどう描いたか/「トッケビ」セレクト3

コン・ユ主演の『トッケビ』がこんなにも面白い理由とは?(特別編集版)

『トッケビ』のコン・ユは「言葉の世界に生きる詩人」だった

コン・ユのすごさがわかる!/トッケビ全集2

出演依頼を5年も断ったコン・ユの演技は?/トッケビ全集3

ページ:

1

2 3

関連記事

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る