権力を裏で操った「悪の女官」が金介屎(キム・ゲシ)!

 

朝鮮王朝の光海君(クァンヘグン)の時代に暗躍した金介屎(キム・ゲシ)。彼女は「悪の女官」の代名詞である。もともと、幼い頃に王宮に入って見習いの女官になった女性であった。




常に裏で動いた

成人後の金介屎は、14代王・宣祖(ソンジョ)に直接仕えた。文書の扱いが巧みなことを評価されたのだ。それだけ頭脳が明晰だった。
当時、宣祖の後継者争いが熾烈だった。
候補者は、宣祖の側室が産んだ長男の臨海君(イメグン)と二男の光海君(クァンヘグン)、そして、宣祖の継妃となった仁穆(インモク)王后が1606年に産んだ永昌(ヨンチャン)大君だった。
宣祖が長く生きていれば、次代の王には永昌大君がなっていただろう。やはり、正室が産んだ嫡男は、側室が産んだ庶子よりも後継者争いで有利なのである。
しかし、1608年に宣祖が急死してしまった。そのとき、永昌大君はわずか2歳。この年齢で王に即位するのは無理だった。
次の王の候補は臨海君と光海君にしぼられた。このとき、光海君を支持したのが金介屎である。彼女は、光海君の即位を実現させるために裏で動いた。




臨海君は性格が粗暴で、酒びたりの生活だった。これがあだとなって、結局は二男の光海君が王位を継ぐことができた。しかし、金介屎はまだ安堵しなかった。兄の臨海君がかならず弟の光海君を策略にはめると見抜き、先に手を打って1609年に臨海君の命を奪ってしまった。
(ページ2に続く)

悲劇の三大世子!昭顕(ソヒョン)世子・思悼(サド)世子・孝明(ヒョミョン)世子

トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?

国王になれなかった「悲劇の五大世子」とは誰か

思悼世子(サドセジャ)!米びつで餓死した王子

「朝鮮王朝三大悪女」の中で誰が一番の悪女か?

「朝鮮王朝三大悪女」よりもっと強烈な悪女とは?

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る