政治を牛耳った五大黒幕/朝鮮王朝の五大シリーズ12

 

国王に成り代わって政権を主導した5人の黒幕は誰か。それは、韓明澮(ハン・ミョンヘ)、金祖淳(キム・ジョスン)、興宣大院君(フンソンデウォングン)、趙光祖(チョ・グァンジョ)、鄭道伝(チョン・ドジョン)であった。




強権を握った3人

韓明澮(ハン・ミョンヘ)
[1415~1487年]
7代王・世祖(セジョ)が甥から王位を奪う際に策士として暗躍した。以後、政権の中枢を占めるようになり、世祖が世を去った後はさらに権力をほしいままにした。娘たちが7代王・睿宗(イェジョン)や8代王・成宗(ソンジョン)の正妻になっている。

金祖淳(キム・ジョスン)
[1765~1832年]
23代王・純祖(スンジョ)の正妻だった純元(スンウォン)王后の父。純祖が政治的に能力を発揮できないことを利用して、一族の者たちで要職を占めて政権を私物化してしまった。それによって、朝鮮王朝の政治は腐敗した。王朝の衰退を招いた元凶の1人であった。




興宣大院君(フンソンデウォングン)
[1820~1898年]
26代王・高宗(コジョン)の父で氏名は李是応(イ・ハウン)。“大院君”とは、自分は国王になっていないが息子が国王になった人に対する尊称である。息子の即位にともなって実権を掌握し、次々に政治改革を行なったが、ほとんど失敗した。1865年からは正宮の景福宮(キョンボックン)の大々的な復元工事を実施し、民を重税で苦しめた。
(ページ2に続く)

強制退位させられた五大国王/朝鮮王朝の五大シリーズ11

恐るべき五大鬼嫁/朝鮮王朝の五大シリーズ9

悲惨な五大王妃/朝鮮王朝の五大シリーズ4

悲劇の五大世子/朝鮮王朝の五大シリーズ1

朝鮮王朝で一番の悪女は誰なのか?

トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る