コン・ユこそがトッケビそのものでは?/「トッケビ」セレクト6

 

多くのドラマはまるで消耗品のように放送を終えると忘れられる宿命にあるが、コン・ユが主演した『トッケビ~君がくれた愛しい日々~』は、放送から時間が経ってもその輝きを失っていない。これほど余韻が残るドラマは滅多にないほどだった。

写真=tvN『トッケビ』公式サイトより




変わらない印象

私(康熙奉〔カン・ヒボン〕)はこれまでたくさんの韓国ドラマを見てきた。
俳優の話も数多く聞いてきた。
その俳優たちは、演技の世界で役柄を忠実に演じながら、現実の世界に戻ると、人間味あふれる「素の自分」を見せてくれた。
そんな姿を見てきて韓国の俳優に特に感じたのは、「誠実さ」ということだった。自分を飾らず、偽りを述べず、素直に自分の至らなさを吐露する……それこそが好感の持てる「誠実さ」だった。
ペ・ヨンジュンもそうだったし、イ・ビョンホンも同様だったし、ヒョンビンも同じだった。そして、コン・ユもまた、真摯に自分と向き合う人間であった。
その「誠実さ」についてさらに言うと、初めてコン・ユという俳優の存在を知ったときから彼の印象は変わっていない。
始まりは、2003年の『スクリーン』だった。このドラマはキム・テヒが主役デビューした作品としてよく知られるのだが、コン・ユは人のいい青年の役で出ていて、私は彼の演技を初めて見た。




自然体の演技であったが、それゆえに印象が薄かったとも言える。
しかし、誠実な人間を演じさせたら誰をも納得させられる演技力を持っていることをうかがわせた。
その後のコン・ユの活躍は特別に説明するまでもないだろう。
キム・ウンスクという人気脚本家が熱烈に主演を望んだという事実が、コン・ユの魅力を示している。
コン・ユは5年間もオファーを断り続けた。それでもキム・ウンスクは諦めなかった。その熱心さに心を動かされて、コン・ユはようやく『トッケビ』の主演を受け入れた。それによって、あの傑作が世に出たわけである。
(ページ2に続く)

現代と過去が交差する珠玉の物語!/「トッケビ」セレクト7

コン・ユのすごさがわかる!/トッケビ全集2

出演依頼を5年も断ったコン・ユの演技は?/トッケビ全集3

コン・ユとイ・ドンウクの絶妙な演技/「トッケビ」セレクト4

コン・ユが演じた重要な場面とは?/「トッケビ」セレクト5

コン・ユは『トッケビ』を「30代を飾る作品」と言い切った!

ページ:

1

2

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。

ページ上部へ戻る