李成桂(イ・ソンゲ)の時代/朝鮮王朝の波乱万丈1

 

韓国時代劇の8割以上は朝鮮王朝時代が舞台になっている。それだけに、朝鮮王朝の歴史がわかれば、さらに面白く時代劇を見られる。特に、王朝絵巻の主役は27人の王。そうした歴代の王は、果たしてどのような時代を作っていったのか。




新たな王の予感

朝鮮(チョソン)王朝を作りあげた李成桂(イ・ソンゲ)は1335年に生まれた。
幼い時から聡明で豪胆。近隣の村で彼を知らない者がいないほど弓の扱いがうまかった。早くから武人としての才能をみせてきた李成桂は、高麗(コリョ)王朝の武将となって数十回の戦闘に加わり多くの手柄をあげた。
特に、庶民の生活を脅かす紅巾賊と、朝鮮半島沿岸を荒らす倭寇を掃討したことで、庶民からの信望を一手に集め、彼の名声は全国に轟いた。
人々は彼の大きなからだと耳に注目し、尊敬と畏怖の感情を込めて「大耳将軍」と呼んだ。
また、李成桂は武芸に秀でるだけでなく性格もとても穏やかで、継母を大切にして、異母兄弟たちとも非常に仲が良かった。
ある日、李成桂は妻の実家を訪ねる途中、日が暮れてしまい、小さな寺で一夜を過ごした。その夜、彼はとても奇妙な夢を見た。
夢の中で李成桂はほとんど崩れかけた古い建物の中にいた。案の定、建物が突然崩れ、中から出てきた立派な3本の柱をもらった。




ただの夢なのになぜか気になった李成桂は翌日、高名な僧に夢払いを頼もうとその内容を話した。すると、僧は姿勢を正して、「そんなに偉い方とはお見受けしませんでした。どうぞお許しください」と言うのだった。
突然のことに面食らった李成桂は、僧にどうしたのかと問いただすと、僧は辺りを見回してから静かに言った。
「今後、夢の話は誰にも話してはいけません。万一、話をすれば大きな罰を受けることとなるでしょう」
李成桂の問いには何も答えず、僧は訳のわからない注意を繰り返した。痺れを切らした李成桂が「絶対に他の人には話しませんので夢の意味を教えてください」と言うと、僧は「あなたは後日、必ず王になるはずだ」と答え、その理由を教えてくれた。
「いいですかな。夢で崩れていく家は高麗を指すもので、柱は家の最も重要な材木であり、それを頂いたということは国を背負って立つという意味であります。即ちそれは王の姿につながるものです」
この夢のなぞ解きをした僧こそが、後の李成桂と深い縁を持つ無学大師(ムハクテサ)であった。李成桂は後日この言葉の意味を噛みしめることになる。
(ページ2に続く)

太宗(テジョン)の時代/朝鮮王朝の波乱万丈2

世宗(セジョン)の時代/朝鮮王朝の波乱万丈3

国王や世子を毒殺した疑いをかけられた五大王族/朝鮮王朝の五大シリーズ17

兄弟に殺された悲劇の五大王子/朝鮮王朝の五大シリーズ15

歴史に残る五大美女/朝鮮王朝の五大シリーズ14

悲劇の三大世子!昭顕(ソヒョン)世子・思悼(サド)世子・孝明(ヒョミョン)世子

ページ:

1

2 3

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。

ページ上部へ戻る