歴史解説!『オクニョ』の舞台は16世紀中盤の朝鮮王朝(再読版)

 

1392年から1910年まで518年間も続いた朝鮮王朝。この長寿王朝の歴史には、王宮を揺るがす数々の大事件が起こっていた。それが韓国時代劇の重要なネタになっているのだが、『オクニョ 運命の女(ひと)』でも歴史的な事件がドラマを彩っている。




チャングムの次の時代

『オクニョ 運命の女(ひと)』はイ・ビョンフン監督の作品だが、彼の代表作といえば、何と言っても『宮廷女官 チャングムの誓い』である。このドラマが描いた時代は、11代王・中宗(チュンジョン)が統治する16世紀前半だ。そして、『宮廷女官チャングムの誓い』では、中宗が世を去るところまで描かれていた。
その時代を引き継ぐような形で描かれているのが『オクニョ 運命の女(ひと)』である。ときは16世紀のなかばである。
当時は、果たしてどんな時代だったのか。
中宗の次に即位した12代王・仁宗(インジョン)は、わずか8カ月で急死してしまい、中宗の三番目の正室であった文定(ムンジョン)王后が産んだ明宗(ミョンジョン)が13代王として1545年に即位した。
明宗は11歳で即位したので、母親の文定王后が代理で政治を仕切った。幼い王が即位したときに、王族の最長老女性が摂政を行なうのは朝鮮王朝の通例でもあったのだ。
大問題なのは、文定王后が政治の主導者としてふさわしくない人物だったということである。




当時は、凶作が多くて庶民の暮らしは大変苦しかったのだが、文定王后はそういう民衆を助けることもなく、一族の利権に執着した。
いわば、庶民を見殺しにしたのである。
そんな悪政を行なった文定王后の弟が、尹元衡(ユン・ウォニョン)だ。彼は才能のある人物ではなかったが、姉が陰の女帝として君臨したおかげで、最終的には領議政(ヨンイジョン/総理大臣に該当)にまで大出世を果たす。
(ページ2に続く)

『オクニョ』に登場する一番の悪女は誰か?

『オクニョ』の史実!文定(ムンジョン)王后が明宗(ミョンジョン)の命を縮めた

『オクニョ』で強烈な悪女として描かれた文定(ムンジョン)王后!

『オクニョ』でチン・セヨンが扮した茶母(タモ)とは何か?

『オクニョ』を通して朝鮮王朝の制度と王家の何がわかったのか?

『オクニョ』の悪徳夫婦の最期はドラマと違って史実ではどうだった?

ページ:

1

2

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。

ページ上部へ戻る