新大久保で快適に過ごすための秘訣は?

隠れた名店を探そう

ランチでもディナーでも、新大久保の韓国料理店では注文した料理の他に、無料の付き出しの小皿が数点出てくる。店によって違うが、白菜キムチ、カクテキ、サラダ、さつま揚げといった料理の場合が多い。
これは、原則的にお代わりができる(ほんの一部の店で難しいケースもあるが……)。皿を空にして「これをもっとください」と言えば、店のスタッフも気軽に持ってきてくれる。それだけに、このサービスを利用しないテはない。生ビールを飲んでいるときには、いくらでも無料でつまみを持ってきてくれる感じ。はっきり言って、新大久保で「遠慮」は無用なのである。
もう一つのアドバイス。
新大久保の人気店に行列ができるのは、ありふれた光景である。かくして、今日も新大久保のあちこちの店に長蛇の列ができている。ただし、あまりに長時間待つのはいかにももったいない。新大久保にいられる時間には限りがあるのだから。




人気店に行きたい気持ちはわかるが、新大久保には「おいしいのに意外と知られていない」店も少なくない。
そういう店を探すのも、街歩きの楽しみの一つ。「人気店だから並んでようやく入ったけど、評判ほどじゃなかった」ということもあれば、「初めてのお店に入ったけどすごく良かった」ということもある。もちろん、その逆に「初めての店はイマイチだった」というケースも……。
客と店との相性は千差万別。失敗もあるけど、当たったときの喜びも大きい。新大久保には「隠れた名店」も多いので、それを探してみるのも絶対に楽しい。

文=「ヨブル」編集部

新大久保の効果的な歩き方

絶対に行ってみたい新大久保の特選人気店はどこ?

誰もが発信できる第3次韓流ブームの拡散力が凄い!

新大久保に来るとなぜこんなにウキウキするのか

チャン・グンソクを初め韓流スターは新大久保が大好き!

ページ:
1 2

3

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。

ページ上部へ戻る