パク・ボゴムとコン・ユが主演する映画『徐福』の徐福って何?

 

映画『徐福』は撮影が終わり、現在は編集作業に入っている。2020年上半期の公開が予定されていて、早くも大変な話題となっている。そこで気になるのが、映画のタイトルになっている「徐福」は何かということ。その由来をさぐってみよう。




古代の中国の話

パク・ボゴムとコン・ユというトップ俳優同士が共演する映画『徐福』は、人類初のクローン人間を題材にした作品だ。
パク・ボゴムがクローン人間に扮し、コン・ユが国家機関のエージェントを演じる。
このクローン人間が「徐福」と呼ばれるのだが、これには由来がある。
クローン人間は複製なので「不老不死」に該当する。そして、徐福もまた不老不死にまつわる人物なのだ。
時は、中国を史上初めて統一した秦の始皇帝の時代にさかのぼる。
始皇帝は、欲しいものをすべて手に入れ、人々の羨望を一身に集めていた。
そんな彼にも、たった一つだけ自分の力ではどうもできないことがあった。それは老いを防いで長寿を全うすること。始皇帝は死を極端に恐れた。
藁にもすがる思いで始皇帝は、不老長寿の薬を探した者に莫大な褒美を取らすというお触れを出した。




すると、徐福という者が始皇帝の前に現れてこう言った。
「東海上に神仙たちが住むと言われる場所があり、そこに不老長寿の薬があります。童男童女をそれぞれ500人ずつ引き連れて行けば、かならずや不老長寿の薬を探すことができるでしょう」
始皇帝は大いに喜び、徐福の申し出を了承した。
(ページ2に続く)

パク・ボゴムとコン・ユが競演する映画『徐福』の撮影が快調に進んでいる

俳優・歌手・MCで無限の才能を見せるパク・ボゴム!

パク・ボゴムが『徐福』で韓国映画の新ジャンルの開拓に挑む!

映画『徐福』でマルチな才能を開花させるパク・ボゴム!

笑顔に魅了されるパク・ボゴムの「笑わない表情」も素敵!

ページ:

1

2

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。

ページ上部へ戻る