パク・ボゴムとコン・ユが主演した『徐福』はどこで撮影されたのか

 

映画『徐福』では、パク・ボゴムが遺伝子の組み換えによって人造的に作られた複製人間を演じている。そんなクローン人間を争奪する闘いの中で、コン・ユは国家機関のエージェントに扮している。

『徐福』のロケが行なわれた統営市




200人以上が集結

映画『徐福』は、主要な2カ所で撮影が行なわれた。
6月中旬から8月にかけては統営(トンヨン)市がロケ地となった。
慶尚(キョンサン)南道の統営市は朝鮮半島の南岸に位置する風光明媚な海洋都市だ。人口は約14万人である。
ここは海産物がとても美味しいことでよく知られているが、統営市は観光客増加の新たな戦略として映画・ドラマ撮影誘致に力を入れている。
その一環として、統営市は2019年3月に釜山映像委員会と業務提携を結び、積極的にロケ地としてアピールしている。
その効果で、多くのドラマや映画が撮影地に使用したいと名乗り出ていて、その中で『徐福』がいちはやく統営市を使うことになった。
統営市役所の担当者はこう語っている。
「映画の撮影地になれば多くの人に知ってもらえますし、地域経済に良い影響があります。市と制作陣が連携を深め、いい映画になるように協力します」




実際、俳優やスタッフなど総勢で200人以上が6月中旬に統営市に集結してから長く撮影を行なった。
その後、『徐福』の制作陣は全羅(チョルラ)北道の全州(チョンジュ)市に移り、全州映画総合撮影所で撮影を続行した。
(ページ2に続く)

パク・ボゴムとコン・ユが主演する映画『徐福』の徐福って何?

俳優・歌手・MCで無限の才能を見せるパク・ボゴム!

パク・ボゴムが『徐福』で韓国映画の新ジャンルの開拓に挑む!

映画『徐福』でマルチな才能を開花させるパク・ボゴム!

笑顔に魅了されるパク・ボゴムの「笑わない表情」も素敵!

ページ:

1

2

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。

ページ上部へ戻る