パク・ボゴムとコン・ユが主演した『徐福』はどこで撮影されたのか

撮影は大変だった

実は、カンヌ国際映画祭で最高賞を得たポン・ジュノ監督作品の『パラサイト』も、その60%が全州映画総合撮影所で撮影されている。
この全州映画総合撮影所は、屋内と屋外の両方ですばらしいセット場を持っているのが大きな特長だ。
『徐福』にしても、すばらしい環境のもとで撮影をすることができた。
そして、すべての撮影が10月に終わった。
コン・ユはこう振り返っている。
「扮した人物が激しい動きをするので、物理的に撮影が簡単ではなかったです」
この言葉からもわかるように、撮影はかなり大変だった。
しかし、コン・ユは同時に充実感を口にしている。共演のパク・ボゴムともピッタリ息が合ったようだ。




それだけに、さぞかし手応えを感じたことだろう。
出来ばえが楽しみだ。
映画『徐福』は、2020年上半期の公開予定だ。

文=「ヨブル」編集部

パク・ボゴムとコン・ユが主演する映画『徐福』の徐福って何?

俳優・歌手・MCで無限の才能を見せるパク・ボゴム!

パク・ボゴムが『徐福』で韓国映画の新ジャンルの開拓に挑む!

映画『徐福』でマルチな才能を開花させるパク・ボゴム!

笑顔に魅了されるパク・ボゴムの「笑わない表情」も素敵!

ページ:
1

2

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。

ページ上部へ戻る