NHK・BSでチョン・イル主演の『ヘチ』が放送スタート!

 

韓国で2019年の上半期に放送されて好評を博した時代劇『ヘチ』がNHK・BSプレミアムで放送される。チョン・イルが主演した傑作時代劇が日本でも大いに話題になるだろう。




一番輝かしい王位継承物語

日本での放送向けのタイトルは『ヘチ 王座への道』。全24話で、NHK・BSプレミアムで11月10日から放送される。日曜日の午後9時から1時間というのが放送枠になっている。
『ヘチ』の主演はチョン・イル。彼は2018年11月30日に兵役を終えている。すぐに芸能界に復帰し、SBSの『ヘチ』に主演した。
同ドラマは2019年2月11日から韓国で放送された。
特に注目を集めたのが、『イ・サン』や『トンイ』という傑作を書き上げたキム・イヨン作家が脚本を担当したことだ。
時代劇は特に脚本が大事。そういう意味でも、『ヘチ』は大物が脚本を書いて好評を博した。
ドラマは、低い身分の血を受け継いだ「歓迎されない王子」が朝鮮王朝の政治を改革するまでを描いている。




「最も低いところから始まった一番輝かしい王位継承物語」
これが『ヘチ』のキャッチフレーズだ。
主役のチョン・イルが扮するのは若き日の英祖(ヨンジョ)だ。兵役によって俳優活動を休んでいたチョン・イルが復帰してどんな演技を披露してくれたのか。その点も大いに興味をかきたてられる。

文=「ヨブル」編集部

国王や世子を毒殺した疑いをかけられた五大王族/朝鮮王朝の五大シリーズ17

兄弟に殺された悲劇の五大王子/朝鮮王朝の五大シリーズ15

恐るべき五大鬼嫁/朝鮮王朝の五大シリーズ9

悲惨な五大王妃/朝鮮王朝の五大シリーズ4

悲劇の五大世子/朝鮮王朝の五大シリーズ1

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。

ページ上部へ戻る