トンイ(淑嬪・崔氏)が王宮入りした経緯が怪しい!

粛宗を誘惑した女性

女官の場合は、王の身のまわりの世話をする仕事が多く、王と出会う機会がよくある。しかし、ムスリは下働きだけなので、王に近づく機会はまったくない。とはいえ、現実的に淑嬪・崔氏は粛宗の寵愛を受けている。そこにどんな経緯があったのか。
もっともらしく伝わっているのが次の話だ。
ある夜、粛宗はなぜか寝つかれなくなり、宮中を1人で散歩していた。すると、灯がついた部屋が気になった。行ってみると、部屋の中には祝いの料理が用意され、その前で1人の女性が何かを祈願していた。
「なぜ、そのようなことをしておるのか」
不思議に思った粛宗が尋ねると、女性が答えた。
「私は仁顕王后様に仕えていた者でございます。今日は仁顕王后様のお誕生日なのですが、直接お会いしてお祝いを述べることができないので、せめてこのように料理を用意してお誕生日を祝ってさしあげているのです」
粛宗は心から感動した。
以来、粛宗はその女性を側室にした。それが淑嬪・崔氏だった。




話としては出来すぎている。粛宗が夜に1人で宮中を散歩するというのもありえないことだし、ムスリの身分でありながら部屋を独占して祝いの料理を並べるというのも不自然だ。事実とはほど遠いように思える。
なぜこの話が広まったのか。淑嬪・崔氏が粛宗を誘惑したことを暗示するためではないだろうか。
可能性として一番考えられるのは、西人派(仁顕王后を支持していた)が追い詰められ、艶福家の粛宗に好みの女性を送り込んだということ。その女性が淑嬪・崔氏だったのではないか。それならば、一介のムスリに過ぎない彼女が王に会えたということも不可能ではない。
いずれにしても、淑嬪・崔氏は粛宗が寵愛する側室となった。張禧嬪にとっては、大変な脅威であったことだろう。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

トンイ(淑嬪・崔氏)は陰で何を画策していたのか?

トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?

『トンイ』と史実!張禧嬪(チャン・ヒビン)の最期がまるで違う

実直な淑嬪・崔氏(トンイ)/朝鮮王朝美女列伝3

「三大悪女」の中で実は悪女でなかったのが張禧嬪(チャン・ヒビン)?

ページ:
1

2

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。

ページ上部へ戻る