傲慢で執念深い燕山君(ヨンサングン)

 

燕山君は、9代王の成宗(ソンジョン)の長男として1476年に生まれた。彼は母の愛を知らず我がままに育った。実は、母の斉献(チェホン)王后は、自分以外の側室に目を向ける成宗に嫉妬して、宮中に呪いの言葉を持ちこんで追放されていたのである。




少年時代も最悪

自尊心があまりに強かった斉献王后は、やがて精神を病むようになった。さらには、罪を許そうと訪ねてきた成宗の顔をひっかいて傷つけてしまった。結局、廃妃になったあとに死罪となった。
成宗は、自分が追放したとはいえ、斉献王后との間に生まれた長男の燕山君を後継ぎに決めた。反対が多かったのは事実だが、王位継承者は長男が原則、という定めに従ったのだ。
こうして1494年に、燕山君は10代王となった。
後の世で燕山君の評価は最悪なので、彼にまつわる逸話もひどいものばかりである。
たとえば、一つは鹿、もう一つは恩師をめぐる話だ。
ある日、成宗は少年時代の燕山君を庭に呼んだ。そのとき、成宗がかわいがっていた鹿が、燕山君になついて手の甲や衣類をなめた。
しかし、燕山君は急になつかれたことに腹を立て、その鹿を思いっきり蹴飛ばした。成宗が大事に飼っていた鹿であるにもかかわらず……。




また、少年時代の燕山君の教育係を仰せつかった優秀な側近も悲惨な目にあった。彼は、将来の王に帝王学を授けたくてかなり厳しく指導したのだが、これを燕山君は根に持っていた。即位するとすぐに、その側近を処刑してしまった。
こうした例を見ても、燕山君が傲慢で執念深い人物であることがわかる。
(ページ2に続く)

燕山君(ヨンサングン)と中宗(チュンジョン)!王朝を混乱させた2人の王

最悪の暴君と呼ばれた燕山君(ヨンサングン)は何をしたのか

中宗(チュンジョン)!優柔不断な国王

燕山君(ヨンサングン)の次に即位した中宗(チュンジョン)は王の器でなかった!

燕山君(ヨンサングン)の側室の張緑水(チャン・ノクス)は朝鮮王朝三大悪女で一番強欲!

ページ:

1

2 3

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。

ページ上部へ戻る