燕山君(ヨンサングン)と中宗(チュンジョン)!王朝を混乱させた2人の王

 

10代王・燕山君(ヨンサングン)は、9代王・成宗(ソンジョン)の長男だ。彼の母は王妃だったが、廃妃になった末に死罪となっている。そのいきさつを幼い燕山君は知らなかった。父親の成宗が「その話はするな! 絶対に息子に事実を言ってはいけない」と周囲に厳命していたからだ。




怨まれた暴君

成宗は1494年に亡くなり、燕山君が18歳で10代王になった。彼こそは、朝鮮王朝で最悪と言われる暴君だ。
政治を省みないで酒池肉林の生活を送った。それでも、まだ母親の死の真相については知らなかった。
ところが、冷や飯を食っていた官僚の中で何とか出世したいと考える者がいて、燕山君に取り入ろうとして「実は母上が……」と暴露してしまった。事実を知った燕山君は逆上し、大虐殺事件が起こった。
燕山君の母の死罪に関わった人たちは皆殺しにされた。すでに死んでいる人は墓を暴かれて首をはねられた。
燕山君の暴挙に危機感を持った高官たちは、クーデターを計画した。
中心的な役割を担ったのが朴元宗(パク・ウォンジョン)という高官だ。彼には、燕山君に仕返しをしなければならない怨みがあった。




というのは、朴元宗の姉は成宗の兄にあたる月山大君(ウォルサンデグン)に嫁いでいたが、この姉を燕山君が犯してしまい、彼女は自決した。
月山大君といえば燕山君にとって伯父にあたるわけで、その妻を犯すというのはあまりに非道だった。
(ページ2に続く)

中宗(チュンジョン)!優柔不断な国王

張緑水(チャン・ノクス)!朝鮮王朝三大悪女の浪費ざんまい

燕山君(ヨンサングン)が廃位となり中宗(チュンジョン)が王になった!

燕山君(ヨンサングン)の側室の張緑水(チャン・ノクス)は朝鮮王朝三大悪女で一番強欲!

最悪の暴君と呼ばれた燕山君(ヨンサングン)は何をしたのか

ページ:

1

2 3

関連記事

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る