張緑水(チャン・ノクス)!朝鮮王朝三大悪女の浪費ざんまい

 

朝鮮王朝の27人の王の中で、最悪の暴君と言われるのが10代王の燕山君(ヨンサングン)だ。そんな暴君の側室になった張緑水(チャン・ノクス)。彼女は、燕山君をそそのかして贅沢ざんまいにあけくれ、国家の金庫を空にさせた(張緑水については、韓国時代劇の史実とフィクションの違いを解説した康熙奉〔カン・ヒボン〕著・実業之日本社発行の『いまの韓国時代劇を楽しむための朝鮮王朝の人物と歴史』で紹介しています)。

野心が強かった女性

張緑水(チャン・ノクス)は、両班(ヤンバン)の父と妾の間に生まれた。妾の娘だった彼女は、生まれながらにして奴婢(ぬひ/最下層の身分)だった。彼女は成り上がるために奴生(キセン)になった。
張緑水の容姿は、特に優れていたわけではなかった。




しかし、歌や踊りにおいては天才的な才能を示したため、その評判は宮中でも有名になった。
野心の強かった彼女は、女の武器を最大限に発揮してのし上がろうとした。そんな張緑水の評判を聞いた10代王の燕山君(ヨンサングン)は彼女を王宮に迎え入れて、誰よりも寵愛した。
こうして張緑水は奴婢という最下層の出身ながら、国をも動かす権力を手に入れるようになっていった。(ページ2に続く)

鄭蘭貞(チョンナンジョン)!「朝鮮王朝三大悪女」の悪行

張禧嬪(チャン・ヒビン)!側室に転落した王妃

文定(ムンジョン)王后!悪名高き王妃

トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る