燕山君(ヨンサングン)が廃位となり中宗(チュンジョン)が王になった!

 

暴政の限りを尽くした10代王の燕山君(ヨンサングン)は1506年9月に王宮から追放された。政変の主導者は、燕山君によって実姉を死に追いやられた朴元宗(パク・ウォンジョン)、左遷の憂き目に遭った成希顔(ソン・ヒアン)。彼らは、次の王に燕山君の異母弟だった晋城大君(チンソンデグン)を擁立した。

写真=植村誠




嫌気がさした燕山君

燕山君は、幼いころから気性が荒く、宮中での評判も悪かった。そんな彼が1494年に10代王として即位した。最初の頃は大人しく国政を行なっていた。しかし、徐々にその本性が姿を現わす。
燕山君は、それまで重用されていた士林(サリン/熱心な儒学者)たちを嫌った。口やかましく、勉学や正しい政治を強要するからだ。
嫌気がさした燕山君は、士林派が世祖(セジョ)の王位強奪を非難する文を書いたと聞くと、それを口実に多くの士林派を処罰した。
こうなると、燕山君の周りでは、取り入って権力の蜜を吸おうとする奸臣たちが跋扈し、国政は乱れに乱れた。
燕山君の母は死罪となって世を去ったのだが、その死の真相は隠されていた。




しかし、出世欲にかられた奸臣の1人が、その真相を燕山君に報告してしまう。
驚愕した燕山君は、母の死に関わった者のすべてを標的にし、徹底的な虐殺を始めた。この事件を「甲子士禍(カプチャサファ)」と言い、多くの罪なき人の血が流された。
(ページ2に続く)

中宗(チュンジョン)!優柔不断な国王

燕山君(ヨンサングン)の側室の張緑水(チャン・ノクス)は朝鮮王朝三大悪女で一番強欲!

最悪の暴君と呼ばれた燕山君(ヨンサングン)は何をしたのか

『七日の王妃』の端敬(タンギョン)王后はなぜ復位できなかったのか

文定(ムンジョン)王后!悪名高き王妃

ページ:

1

2 3

関連記事

各ジャンルの紹介

本サイトは以下のようなジャンルに分類されています。左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。

〔各ジャンルの分類〕
●オススメ記事
●韓流
・韓流スター
・トッケビ
・ドラマ
・兵役
●ヘルシー
●ビューティー
●グルメ
●韓国時代劇の人物
●歴史
・日本の歴史
・韓国の歴史
●旅行/エッセイ
・旅行
・散策
・ワガマ散歩
・恋愛博物館
・黒猫ミネット日記
●編集部

注目記事のエッセンス1

記事「初心者でも大丈夫!おいしいキムチの作り方」

白菜は、塩漬けしたものを用意する。自宅で漬ける場合は、大きめのボールに入れた白菜の根元にまんべんなく塩を入れ込み、呼び水となる薄めの塩水を下に引いておく。呼び水を入れる理由は、日本の白菜は水分が少なめだからだ。
そして、重石をのせて一晩寝かせる。翌日に白菜の塩水を捨てながら、塩加減を調整していく。日本のおしんこより塩味が少し薄いくらいがちょうどいい。
また、面倒なときは、白菜の塩漬けを買ってくるという方法もある。
さらに、キムチ作りに欠かせないのが味の決め手となるヤンニョム。これをつくる際は、ごはんを入れることが大事なポイント。ごはんは糊の役目を果たし、キムチ全体にとろみを出してくれる。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る