パク・ミニョンが『キム秘書』で語ったパク・ソジュンの魅力とは?

本当に幸運な作品

パク・ミニョンはパク・ソジュンについて「とても配慮のある方だと思っています」と付け加えた。
「パク・ソジュンさんは、自分の役割をとても誠実に行なっている方です。本当に天才的な能力を持った俳優ではないでしょうか」
「遠くから撮影現場を見ていると、パク・ソジュンさんはとても身長が高く堂々と立っています。まさに、モデルのように胸を張っています。パク・ソジュンさんを見ていると、私も自然と腰が伸びていくほどです。とてもいいビジュアルを持っていますし、本人も自分がかっこいいというのがわかっていて、あのように行動しているのではないかと思っています。特にドラマの中の役柄と本人が一体化している感じがします」
さらに、パク・ミニョンは撮影現場の雰囲気の良さを強調していた。
「撮影現場にいる皆さんがとても和気あいあいとしていて面白いです。チームワークが良くて演技しやすい環境が整っています。今回の作品は、私にとって本当に幸運な作品だと思っております」




実際、『キム秘書はいったい、なぜ?』でキム秘書という役は周囲と違ってコミカルな人物像ではないのだが、パク・ミニョンが演じると、とても自然体で笑いを取れるキャラクターになっている。
これもまた、パク・ミニョンの魅力がそうさせるのであろう。

文=「ヨブル」編集部

パク・ソジュンとパク・ミニョンの共演が『キム秘書』を傑作に導いた!

『キム秘書はいったい、なぜ?』はなぜこんなに面白いのか

パク・ソジュンとパク・ミニョン!『キム秘書』で抜群の相性を見せた

『キム秘書はいったい、なぜ?』のパク・ソジュンがとてもいい!

『キム秘書はいったい、なぜ?』で見られるパク・ソジュンの七変化!

ページ:
1

2

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。

ページ上部へ戻る