朝鮮王朝で本当の偉人と言えるのは誰なのか

 

朝鮮王朝の五大偉人といえば、ハングルを作った世宗(セジョン)、儒学の大家の李退渓(イ・テゲ)、救国の英雄の李舜臣(イ・スンシン)、『東医宝鑑』を書いた許浚(ホ・ジュン)、朝鮮王朝後期の名君の正祖(チョンジョ)である。




朝鮮王朝前期の3人

◆世宗(セジョン)
〔1397~1450年〕
4代王で在位は1418~1450年。韓国の小学校の校庭にかならず銅像があるほどで、朝鮮王朝最高の聖君と評される。幼い頃から読書が好きで、病気になっても本だけは離さなかったと言われる。王に就いてからは善政を行ない、民族固有の文字である“ハングル”の創製を主導。多くの優秀な学者を育てたことでも功績が大きい。

◆李退渓(イ・テゲ)
〔1501~1570年〕
朝鮮王朝時代の儒学の大家で、その名声は日本にまでとどろいた。李退渓が亡くなったとき、14代王・宣祖(ソンジョ)は3日間喪に服したという。それほど彼の学説に傾倒していた。現在の韓国では千ウォン紙幣の肖像画になっている。




◆李舜臣(イ・スンシン)
〔1545~1598年〕
世界の海戦史の中でも、“天才的な戦略家”として著名。豊臣軍との戦いでは、亀甲船を操って連戦連勝。1598年、最後の決戦で流れ弾が当たって戦死した。現在も韓国では“救国の英雄”として絶大な尊敬を集めている。
(ページ2に続く)

朝鮮王朝最高の名君だった世宗(セジョン)

朝鮮王朝の歴史はこうなっている(中編)

イ・サン(正祖〔チョンジョ〕)は「漢方薬の達人」だった!

朝鮮王朝で有能な五大高官とは誰だったのか

朝鮮王朝で一番有名な「三大悪女」とは?

ページ:

1

2

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。

ページ上部へ戻る