愛と別れの恋愛博物館〔第1回〕

エドワード8世とウォリス・シンプソン/王位を捨てる恋

6721

礼儀知らずの婦人

午餐会に出席していたすべての招待客が、アメリカの婦人の無礼に眉をひそめた。

「アメリカ人は、王室に対する礼儀を知らないから困るわ」

「まったく恥知らずな女ね」

人々の非難は、エドワード皇太子の隣にすわっている女性に向けられた。しかし、当の婦人・・ウォリス・シンプソンは、まるで自分が主賓であるかのように、まわりから注目されることを楽しんでいた。

ときは1931年1月、場所はロンドン郊外のメルトン・モーブレー。伝統的な狐狩りで有名なこの地で、皇太子を囲んで午餐会が行なわれているところだった。

ことの発端は、皇太子が、隣で寒そうにしているアメリカの婦人に儀礼的に話しかけたことだった。

「セントラル・ヒーティングが懐かしくはありませんか」

ユーモアのセンスにあふれた皇太子は、見知らぬ婦人をなごませようと、笑顔を交えながら話しかけた。

「大丈夫でございます。私はイギリスの寒い家が大変気に入っていますので」

皮肉まじりにそう言うと、ウォリスはさらに続けた。

「それより、私、殿下には失望させられましたわ」

「なぜです?」

「イギリスでは何回も同じことを尋ねられます。殿下なら、もっとユニークなご質問をいただけるとものとばかり思っていましたから……」

初対面でこんな無礼なことを言う女性は、これまで1人もいなかった。しかし、皇太子は口もとに笑みを浮かべて、別に機嫌を損ねた様子もなかった。

実は、このときウォリスが、心の中でほくそ笑んでいたことを見抜いた人はいなかった。いかにも配慮を欠いたように思える会話は、すべてウォリスが事前に計算していたものだった。

彼女は、以前から皇太子に近付く機会をうかがっていた。友人に懇願して午餐会への出席を実現させると、テーブルにネームプレートがないのをいいことに、さっさと隣の席を確保して、皇太子の注意をひく機会を狙っていたのである。皇太子が控え目な女性より、意志が強い女性にひかれることを熟知した上での言動だった。

<皇太子は私のことを決して忘れないでしょう>

ウォリスはそのことを確信していた。その確信はやがて現実となり、皇太子とイギリスの運命を大きく変えていくことになる。(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3 4 5

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国に旅行に行く楽しみの最たるものは、やはりおいしい料理を食べることではないだろ…
  2. 江戸時代の町並みがよく残っていることから「小江戸」とも称される千葉県の佐原。本当…
  3. チヂミは、韓国では「ジョン」とも呼ばれる。この「ジョン」は昔から宮廷でも作られて…

注目記事のエッセンス1

記事「初心者でも大丈夫!おいしいキムチの作り方」

白菜は、塩漬けしたものを用意する。自宅で漬ける場合は、大きめのボールに入れた白菜の根元にまんべんなく塩を入れ込み、呼び水となる薄めの塩水を下に引いておく。呼び水を入れる理由は、日本の白菜は水分が少なめだからだ。
そして、重石をのせて一晩寝かせる。翌日に白菜の塩水を捨てながら、塩加減を調整していく。日本のおしんこより塩味が少し薄いくらいがちょうどいい。
また、面倒なときは、白菜の塩漬けを買ってくるという方法もある。
さらに、キムチ作りに欠かせないのが味の決め手となるヤンニョム。これをつくる際は、ごはんを入れることが大事なポイント。ごはんは糊の役目を果たし、キムチ全体にとろみを出してくれる。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。
そのチーズも2種類というのが基本。1つはモッツァレラチーズで、もう1つはチェダーチーズである。鉄板の中央に2種類のチーズがたっぷり載せられている光景は、まさに圧巻である。

ページ上部へ戻る