黒猫ミネットのおてんば日記(2016年5月30日)

QfVb_xj8hf2KI6S1464592004_1464592088ミネットとの出会い

今年の4月9日、我が家にかわいい子猫がやってきました。名前はミネットです。ミネットとはフランス語で子猫という意味があるようです。最初は、初めて見る新しい場所に緊張していたのか、とてもおとなしくしていました。

それから2日、3日と経つにつれて次第に慣れてきたのか、家の中を元気に走り回るようになったのです。どうやら性格はかなりおてんばみたいです。

私たちが仕事に出ている間は、家には誰もいなくなってしまいますので、ミネットはゲージの中に入れられます。最初は外に出してほしくて「ニャーニャー」鳴くのですが、しばらくすると諦めてゲージの中で丸まって寝ています。

やっぱり1人でいるのは寂しいみたいで、家族の誰かが帰ってくると、「早くゲージから出してくれー」と言わんばかりに鳴きはじめます。とにかくミネットがやってきてから家の中の雰囲気がとても明るくなり、毎日が楽しくなりました。(ページ2に続く)

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る