黒猫ミネットのおてんば日記(2016年7月16日)

DSCF8126

私の部屋でくつろぐミネット

今まではずっと2階の部屋から出してもらえなかったミネット。その部屋から脱出してもすぐに連れ戻されていたが、最近は母に連れられて、たまに1階に下りてくることがある。そのときの大体の行き先は私の部屋だ。

これまでにも何回か私の部屋に来たことがあるため、慣れた様子で部屋を歩き回っている。しかし、初めてきたときは、いつもと違う部屋の様子に緊張した様子だった。私の部屋にはフィギュアが何体か置いてあるのだが、ミネットはそれをよく倒して遊んでいる。今までの最高記録は10体だ。

そして、一通り部屋の中を歩き回った後は布団の上に寝転がる。フカフカで気持ちいいのか、最近ではそのまま寝てしまうことも多い。私は、その寝ている姿を見つめていたときに、一度だけうつらうつらと寝そうになってしまったことがある。とにかくミネット見つめているとかなり和むのだ。

ずっとミネットを私の部屋で遊ばせてあげたいところだが、さすがに1人だけで楽しんでいるわけにはいかないので、しばらくしたら2階に連れていく。ミネットと一緒にいる時間はとても幸せなである。いつかまた、ミネットを私の部屋に招待してあげよう。今度はフィギュアを何体倒されるのか、それを予想することが、今では私の楽しみの1つになっている。

文=ミネットを愛する兄

ページ:
1 2

3

関連記事

注目記事のエッセンス1

記事「初心者でも大丈夫!おいしいキムチの作り方」

白菜は、塩漬けしたものを用意する。自宅で漬ける場合は、大きめのボールに入れた白菜の根元にまんべんなく塩を入れ込み、呼び水となる薄めの塩水を下に引いておく。呼び水を入れる理由は、日本の白菜は水分が少なめだからだ。
そして、重石をのせて一晩寝かせる。翌日に白菜の塩水を捨てながら、塩加減を調整していく。日本のおしんこより塩味が少し薄いくらいがちょうどいい。
また、面倒なときは、白菜の塩漬けを買ってくるという方法もある。
さらに、キムチ作りに欠かせないのが味の決め手となるヤンニョム。これをつくる際は、ごはんを入れることが大事なポイント。ごはんは糊の役目を果たし、キムチ全体にとろみを出してくれる。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。
そのチーズも2種類というのが基本。1つはモッツァレラチーズで、もう1つはチェダーチーズである。鉄板の中央に2種類のチーズがたっぷり載せられている光景は、まさに圧巻である。

ページ上部へ戻る