康熙奉(カン・ヒボン)のワガママ散歩5「新宿・思い出横丁」

 

夜の新宿に来ると、つい足を運ぶのが西口の思い出横丁。駅のすぐそばに、こんなアナログな飲み屋街があるとは、さすがに新宿は「なんでもあり」だ。最近は、外国人観光客がとても多いのだが……。

夜の新宿にやってきた

夜の新宿にやってきた

kimg0167

ここが西口の思い出横丁

kimg0169

最近は外国人観光客が多い

別名のほうがずっと有名

正式には「思い出横丁」と言うが、知っている人はみんな「しょんべん横丁」と言う。結局、何度も行っている人に「思い出横丁」と言っても通じないことが多い。「しょんべん横丁」と言えば一発。「早くそう言えよ」と逆におこられてしまう。誰が名付けたか知らないが、ここまで別名が定着してしまうとは……。(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3

関連記事

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る