康熙奉(カン・ヒボン)のワガママ散歩7「秋田・玉川温泉」

 

日本一の湧出量と日本一の強酸性の温泉で知られる秋田の玉川温泉。テレビでもその効能が盛んに紹介されて、またたくまに超有名になった。その評判に誘われて、初冬の玉川温泉を訪ねた。

玉川温泉に到着

玉川温泉に到着

kimg0283

旅館の部屋と大浴場が2階の渡り廊下でつながっている

kimg0271

旅館の周囲は自然研究路になっている

神秘的な湖の先に温泉がある

JR田沢湖駅からバスに乗って1時間半。途中、日本一の深さで知られる田沢湖だけでなく、宝仙湖という神秘的な湖をバスは通過して山中に入って行った。
ますます期待が高まった。新玉川温泉を経由して、バスは終点となったが、そこにはまだ旅館がなかった。終点でシャトルバスに乗り換えて、5分ほどでようやく玉川温泉に到着した。宿は1つ。温泉と旅館名が一緒になっている。(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3 4

関連記事

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る