康熙奉(カン・ヒボン)のワガママ散歩8「静岡・三保の松原」

 

東京駅を7時28分に出る熱海行きに乗り、横浜を出るあたりから日本酒を飲み始めた。熱海で乗り換えて、清水駅に着いたのは10時40分頃。バスに乗って「三保の松原入口」で下り、酒屋で日本酒を買ってゆっくりと遊歩道を歩いた。

三保の松原から富士山を見る

三保の松原から富士山を見る

kimg0399

三保の松原の遊歩道

kimg0385

海岸に沿って松林が続いている

kimg0373

海の東側に伊豆半島が見える

今日の富士は最高

遊歩道の先にあった土産物売り場でワサビ漬けを買い、砂浜に出ると、青々とした海が広がっていた。東側には伊豆半島がくっきり見える。
さらに、北の方角を見ると、雪をいただいた富士山がクッキリ見える。そういえば、酒屋のおかみさんが「今日の富士山は最高ですよ」と言っていたっけ。確かに、すばらしい景観である。(ページ2に続く)

ページ:

1

2 3

関連記事

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る