康熙奉(カン・ヒボン)のワガママ散歩8「静岡・三保の松原」

kimg0396

遊歩道を歩くのも気持ちがいい

kimg0400

静岡鉄道の新清水駅

kimg0404

この電車で新静岡駅に向かう

kimg0409

静岡市内の繁華街

旨い刺し身を食べる

酒がなくなった頃が潮時だった。
最後にもう一度富士山をまじまじと眺めてから、海岸を離れて遊歩道を散策した。
帰りは、静岡鉄道の新清水駅に出た。そこから電車で新静岡駅に行き、静岡市の繁華街を散歩して寿司屋に入った。
気候がよくて刺し身が旨い。静岡の人はよくのんびりしていると聞くが、そういう県民性になるのも必然だろうね。

文・写真=康 熙奉(カン・ヒボン)

ページ:
1 2

3

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。

ページ上部へ戻る