黒猫ミネットのおてんば日記(2017年3月30日)

DSCF8151

驚きのジャンプ力

ミネットは、たまに驚くほどすごいジャンプを見せることがある。ネコじゃらしなどのおもちゃを手に持って、高い位置で動かしていると高くジャンプして捕まえようとするのである。最近では、台所に人が立つとミネットは、その近くにある高い台に上がって人の肩に飛び乗ろうとする。やはり、より高いところへ行こうとするのは、猫の習性というものなのだろうか。
ただ、足場の悪いところに上がったりすると、「足を滑らせて落ちるのではないか」と思い、心配で仕方がない。そのため、すぐにミネットを抱きかかえようと近づくと、その場から飛び降りる。やはり猫なだけあって、狭い足場でのバランス感覚は見事なものである。もちろん、危ないことをすれば怒らなければならないが、ミネットは怒られることがわかっていてやっているように思える。もしかしたら、誰かに遊んでほしくてやっているのかもしれない。

ページ:

1

2 3

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。

ページ上部へ戻る