初心者でも大丈夫!おいしいキムチの作り方

決定版!白菜キムチの作り方2

塩漬けした白菜を用意します。

7.塩漬けした白菜を用意します。

白菜にヤンニョムを丹念に塗りこみます。

8.白菜にヤンニョムを丹念に塗りこみます。

白菜の葉の表と裏のすべてに、まんべんなくヤンニョムを塗ります。

9.白菜の葉の表と裏のすべてに、まんべんなくヤンニョムを塗ります。

表と裏の葉に塗り終わったら、最後に白菜全体に塗りこみます。

10.表と裏の葉に塗り終わったら、最後に白菜全体に塗りこみます。

R-15

11.これで白菜キムチの完成です。食べるときに一口サイズに切ってください。




冷蔵庫からキムチを取り出す際には注意が必要。空気に触れる回数が多いと、発酵が進んで味が変わってしまうからだ。
たとえば、1週間食べる分だけのキムチを別の容器に入れ、冷蔵庫内で別々に保管しておくのもひとつの方法だ。
できたばかりのキムチは歯ごたえもあり、味も申し分ないが、発酵食品だけに時間の経過と共に古漬けのようなすっぱい味が強くなってくる。そんなときは、キムチチゲやキムチチャーハン、ブタキムチ炒めなどの料理に使うとよい。調理の際に熟成したキムチから旨味があふれ出てくるので、ダシなどを一切使わなくても美味しくできる。

チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか

黒猫ミネットのおてんば日記(2017年8月1日)

康熙奉(カン・ヒボン)のワガママ散歩13「みさきまぐろきっぷ」

歴史探訪!日本の古戦場〔第1回/姉川〕

ページ:
1 2

3

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国に旅行に行く楽しみの最たるものは、やはりおいしい料理を食べることではないだろ…
  2. 江戸時代の町並みがよく残っていることから「小江戸」とも称される千葉県の佐原。本当…
  3. チヂミは、韓国では「ジョン」とも呼ばれる。この「ジョン」は昔から宮廷でも作られて…

注目記事のエッセンス1

記事「初心者でも大丈夫!おいしいキムチの作り方」

白菜は、塩漬けしたものを用意する。自宅で漬ける場合は、大きめのボールに入れた白菜の根元にまんべんなく塩を入れ込み、呼び水となる薄めの塩水を下に引いておく。呼び水を入れる理由は、日本の白菜は水分が少なめだからだ。
そして、重石をのせて一晩寝かせる。翌日に白菜の塩水を捨てながら、塩加減を調整していく。日本のおしんこより塩味が少し薄いくらいがちょうどいい。
また、面倒なときは、白菜の塩漬けを買ってくるという方法もある。
さらに、キムチ作りに欠かせないのが味の決め手となるヤンニョム。これをつくる際は、ごはんを入れることが大事なポイント。ごはんは糊の役目を果たし、キムチ全体にとろみを出してくれる。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。
そのチーズも2種類というのが基本。1つはモッツァレラチーズで、もう1つはチェダーチーズである。鉄板の中央に2種類のチーズがたっぷり載せられている光景は、まさに圧巻である。

ページ上部へ戻る