黒猫ミネットのおてんば日記(2017年9月15日)

解体工事の騒音が……

ミネットの左耳の後ろに小さなハゲができていました。
それをお母さんが見つけて大騒ぎ。
「ストレス、ストレス。すごくストレスを感じているのよ」
お母さんがそう叫ぶのも無理はありません。




実は、我が家のとなりの家が解体されて、連日、工事の大きな音がしていたのです。
ミネットと一緒に誰かがいるときは、ミネットも少しは安心できるのでしょうが、家族が誰もいないときは、彼女は1人で辛抱しなければいけません。工事によって、かなりの騒音が出ます。1人でいるときのミネットは、きっと大きなストレスを感じることでしょう。
そうはいっても、どうすることもできません。木造家屋の解体工事ですから、そう時間はかからないでしょうが……。
我々は、ミネットのハゲが大きくならないことを祈りながら、解体工事の進み具合を気にしていました。
「もう少しの辛抱だよ」
ミネットにそう語りかけることも忘れませんでした。(ページ2に続く)

黒猫ミネットのおてんば日記(2016年7月29日)

黒猫ミネットのおてんば日記(2017年8月1日)

黒猫ミネットのおてんば日記(2017年8月30日)

ページ:

1

2

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。

ページ上部へ戻る