唐辛子(とうがらし)を食生活に上手に取り入れる

 

唐辛子は、もともとメキシコが原産地だった。15世紀の末にコロンブスがタバコとともにヨーロッパに持ちかえり重宝されるようになった。そして、16世紀から17世紀にかけて日本や朝鮮半島にも持ち込まれた。ただし、同じ唐辛子でも気候風土のせいか、日本のものより韓国のもののほうが肉が厚く大きく育つ。それだけ多めに唐辛子を使うことも可能だった。

by loveshohie

カプサイシンの効能

唐辛子の辛味成分となっているのがカプサイシンである。
カプサイシンには、胃腸を刺激して消化能力を高めたり血管を広げて血液の流れをよくしたりする働きがある。
いわば、体内の代謝を高め体脂肪の燃焼を助ける作用があるわけで、近年そのダイエット効果に注目が集まっている。




辛いものを食べると、滝のような汗を流す人がいる。これはカプサイシンがもつ新陳代謝効果が即効性を持っているためだ。
カプサイシンの他に、唐辛子にはビタミンAやビタミンCも多く含まれている。
唐辛子の赤い色は、カロチンが多く含まれていることを表している。このカロチンは、体内でビタミンAに変化する。(ページ2に続く)

健康な毎日には食生活の改善が必要!

キノア(Quinoa)とは何か/ダイエットに活用できるスーパーフード

初心者でも大丈夫!おいしいキムチの作り方

美しさを保つ女優ハン・ヒョジュが大好きなものは?

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国に旅行に行く楽しみの最たるものは、やはりおいしい料理を食べることではないだろ…
  2. チヂミは、韓国では「ジョン」とも呼ばれる。この「ジョン」は昔から宮廷でも作られて…
  3. 関ケ原といえば、天下分け目の決戦の代名詞。古戦場は東海道線の関ケ原駅から近い。東…

注目記事のエッセンス1

記事「初心者でも大丈夫!おいしいキムチの作り方」

白菜は、塩漬けしたものを用意する。自宅で漬ける場合は、大きめのボールに入れた白菜の根元にまんべんなく塩を入れ込み、呼び水となる薄めの塩水を下に引いておく。呼び水を入れる理由は、日本の白菜は水分が少なめだからだ。
そして、重石をのせて一晩寝かせる。翌日に白菜の塩水を捨てながら、塩加減を調整していく。日本のおしんこより塩味が少し薄いくらいがちょうどいい。
また、面倒なときは、白菜の塩漬けを買ってくるという方法もある。
さらに、キムチ作りに欠かせないのが味の決め手となるヤンニョム。これをつくる際は、ごはんを入れることが大事なポイント。ごはんは糊の役目を果たし、キムチ全体にとろみを出してくれる。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。
そのチーズも2種類というのが基本。1つはモッツァレラチーズで、もう1つはチェダーチーズである。鉄板の中央に2種類のチーズがたっぷり載せられている光景は、まさに圧巻である。

ページ上部へ戻る