絢爛たるパク・ボゴム!『雲が描いた月明り』の世子の役で大人気

韓服が似合う

パク・ボゴムはこう語っていた。
「1年前に撮影が行なわれたのですが、今この瞬間でなければ残せない作品になるのではないかと思っていました」
「シナリオもとても楽しいものでした。この作品には原作があるのですが、原作を愛してくださっているファンのみなさんにも愛していただける作品にしたい、という気持ちで演技に臨みました」




若手俳優たちが和気あいあいと撮影に臨んで完成した『雲が描いた月明り』。なんといっても、主役のパク・ボゴムの韓服姿が凛々しかった。
「こんなに韓服が似合う俳優が今までにいた?」
そんな思いにとらわれるほど、長身のパク・ボゴムはスラリと韓服を着こなしていた。しかも、冠もよく似合っていた。その姿にウットリとなった女性視聴者はさぞかし多かったことだろう。
パク・ボゴムは『雲が描いた月明り』で演じたイ・ヨンについて、俳優として次のように分析していた。(ページ3に続く)

笑顔に魅了されるパク・ボゴムの「笑わない表情」も素敵!

ヒョンビンとソン・ジュンギ!兵役で名をあげた俳優

まだ見てなければ絶対に見ておきたい『太陽の末裔』

美しさを保つ女優ハン・ヒョジュが大好きなものは?

ページ:
1

2

3

関連記事

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る