『トッケビ』で演技を絶賛されたコン・ユ

全身全霊を傾けて演技

出世作となった『コーヒープリンス1号店』で、コン・ユ自身が特に印象的だったと語ったのはどのシーンだったのか。
「私が演じたハンギョルは、ウンチャン(ユン・ウネが演じていて、女性なのに男装していた)を男だと知りながら、それでも告白するシーンに妙なドキドキ感がありました。それまでそんなドキドキを感じたことがなかったので面白かったです。また、運転しながらウンチャンの電話を切った後に子供のように泣くシーンがあるのですが、2、3回テイクを繰り返すうちに涙があふれてきました。そのときは、『これ以上は出来ません』と監督に言うほど力が抜けてしまいました。自然に涙があふれてきたんです。ずっと演技をしてきて初めての経験でした」




この言葉を聞いていると、コン・ユがいかに全身全霊を傾けてハンギョルになりきっていたかがわかる。間違いなく、この『コーヒープリンス1号店』でコン・ユは俳優として大きな成果を得たのだ。
しかも、自分の演技に没頭するだけでなく、共演者のユン・ウネのこともしっかりサポートしている。男になりきって演技するユン・ウネに、そのことを徹底させようと手助けをしたのだ。(ページ3に続く)

今の韓国ドラマなら『トッケビ』を絶対見たい!

ページ:
1

2

3

関連記事

注目記事のエッセンス1

記事「初心者でも大丈夫!おいしいキムチの作り方」

白菜は、塩漬けしたものを用意する。自宅で漬ける場合は、大きめのボールに入れた白菜の根元にまんべんなく塩を入れ込み、呼び水となる薄めの塩水を下に引いておく。呼び水を入れる理由は、日本の白菜は水分が少なめだからだ。
そして、重石をのせて一晩寝かせる。翌日に白菜の塩水を捨てながら、塩加減を調整していく。日本のおしんこより塩味が少し薄いくらいがちょうどいい。
また、面倒なときは、白菜の塩漬けを買ってくるという方法もある。
さらに、キムチ作りに欠かせないのが味の決め手となるヤンニョム。これをつくる際は、ごはんを入れることが大事なポイント。ごはんは糊の役目を果たし、キムチ全体にとろみを出してくれる。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。
そのチーズも2種類というのが基本。1つはモッツァレラチーズで、もう1つはチェダーチーズである。鉄板の中央に2種類のチーズがたっぷり載せられている光景は、まさに圧巻である。

ページ上部へ戻る