俳優チャン・グンソクは『テバク』で何を得たのか

 

『テバク』は俳優としてのチャン・グンソクに多くのものを残した作品だった。彼は放送が終了したとき、「作品を通して、私が一体なぜ俳優を続けているのかという理由を見つけ出すことができました」と語っている。その真意は何だったのか。

写真=韓国SBS『テバク』公式サイトより

今までのものを捨てる

『テバク』の制作発表会が韓国で行なわれたとき、チャン・グンソクは次のように語っていた。
「ディテールやシナリオが目の前に浮かびました。目を閉じてジッとしているときも、もし自分がテギルならどんな表情をするのか、そんな好奇心が生まれました。この作品をのがしたくない、ぜひやってみたいと考えました」




「『美男<イケメン>ですね』のようなものを追求する俳優にかぎっていたのではないか、という疑念がいつもありました。今までのものを捨てて、『テバク』が新しいものを身につけられる作品になるのではないか、と思います」
チャン・グンソクはあえて、『美男<イケメン>ですね』の成功を「疑念」とはっきり指摘した。
彼は過去に執着せず、新しい自分の可能性を『テバク』に見いだそうとしていた。それが、制作発表会で述べた「今までのものを捨てる」という覚悟だったのだ。
実際、チャン・グンソクは『テバク』の撮影では、本物のヘビを食らうほどの俳優魂を見せていた。(ページ2に続く)

絢爛たるパク・ボゴム!『雲が描いた月明り』の世子の役で大人気

ヒョンビンとソン・ジュンギ!兵役で名をあげた俳優

笑顔に魅了されるパク・ボゴムの「笑わない表情」も素敵!

〔紹介〕常にファンのそばにいるイ・ジュンギが愛される理由

ページ:

1

2 3

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。

ページ上部へ戻る