イギリス発!冬のドライ肌に要注意(コスメ編)

◆スクラブ

スクラブが肌にいいのか悪いのかは常に議論されていますが、専門家によるとその後のスキンケアの浸透のためにも必要だということです。
その一方で、肌を削るようなものだという反論もあります。スクラブが肌のキメを整え、肌のトーンを明るくするというのは経験で知っていますよね。ただ頻度は週1回以上はしないことと、ソフトな物を選ぶということが重要。あまりハードにスクラブすると乾燥した肌を傷つけます。
冬の間のスクラブって忘れがちですが、角質が厚くなると保湿は行き届きません。スクラブマスクを手や顔、そして優しく唇にも用いて、素早く保湿してください。その違いが分かります。




◆パック

ドライ肌にとってパックはまさにお助けコスメ。肌の様子を見て週に一度か二度のパックで潤わせてください。エッセンシャルオイル系、バーム系など、抗酸化物質やビタミンが豊富なパックが勢ぞろいです。
ホームメイドの保湿マスクもオススメです。ハニー、アボカド、ヨーグルト、オリーブやホホバオイル、アーモンドオイル、バナナやアロエなど、好きなようにミックスしてクリームやペースト状にして10~30分お肌に塗布します。
美味しそうで作るのも楽しいですね。

Text By YooMin Kang
参考=「Glamour UK」

韓国女子に聞いてみる!完璧な美白肌を手に入れる7原則

美しさを保つ女優ハン・ヒョジュが大好きなものは?

カラーフード!カラダにも良いキレイ色の野菜&フルーツ

健康な毎日には食生活の改善が必要!

ページ:
1

2

関連記事

注目記事のエッセンス1

記事「初心者でも大丈夫!おいしいキムチの作り方」

白菜は、塩漬けしたものを用意する。自宅で漬ける場合は、大きめのボールに入れた白菜の根元にまんべんなく塩を入れ込み、呼び水となる薄めの塩水を下に引いておく。呼び水を入れる理由は、日本の白菜は水分が少なめだからだ。
そして、重石をのせて一晩寝かせる。翌日に白菜の塩水を捨てながら、塩加減を調整していく。日本のおしんこより塩味が少し薄いくらいがちょうどいい。
また、面倒なときは、白菜の塩漬けを買ってくるという方法もある。
さらに、キムチ作りに欠かせないのが味の決め手となるヤンニョム。これをつくる際は、ごはんを入れることが大事なポイント。ごはんは糊の役目を果たし、キムチ全体にとろみを出してくれる。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。
そのチーズも2種類というのが基本。1つはモッツァレラチーズで、もう1つはチェダーチーズである。鉄板の中央に2種類のチーズがたっぷり載せられている光景は、まさに圧巻である。

ページ上部へ戻る