朝鮮王朝で一番美しい王女と呼ばれた敬恵(キョンヘ)王女

敬恵王女の願い

貞熹王后に預けた敬恵王女の息子はどうなったであろうか。
この息子を貞熹王后は王宮で、女の子の服を着せて育てた。そこまで用心しても、最後まで隠し通せるものではなかった。いつしか、世祖の知るところとなった。観念した貞熹王后は、本当のことを世祖に話した。
意外にも、世祖はその子を膝に抱いて可愛がった。子供に罪はない、という思いが強かったのだろう。長く丈夫に育ってほしいという願いを込めて、世祖は自らその子に眉寿(ミス)という名を付けた。




そればかりか、世祖は敬恵王女の身分を回復して王宮のそばにりっぱな屋敷まで用意した。まさに破格の待遇だが、それを敬恵王女はきっぱりと拒絶して尼になってしまった。ただ、ずっと仏の道につかえる気持ちはなかった。
4年目に還俗した敬恵王女は、息子と娘が連座制の罪から解かれることを切に願った。子供たちにはまだ、極刑となった父の罪が及んでいたのである。
世祖はその願いを受け入れた。
その報を聞いて、敬恵王女は喜びの涙を流した。苦難多き彼女の人生の中で、それはようやく訪れた安堵の瞬間だった。
(ページ4に続く)

敬恵(キョンヘ)王女の波瀾万丈な生涯!

文定(ムンジョン)王后ほどの悪女が他にいたのか

仁粋(インス)大妃の命を縮めたのが孫の燕山君(ヨンサングン)だった

「朝鮮王朝三大悪女」よりもっと強烈な悪女とは?

貞明(チョンミョン)公主!苦難を乗り越えて大地主になった王女

「巨悪の朝鮮王朝三大悪女」は誰なのか?

ページ:
1 2

3

4

関連記事

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る