女性のための居酒屋グルメ/大阪・天王寺編

くじら鹿の子

車海老おどり1尾

くえ薄造り

カウンターは百花繚乱!

続いて、「くじら鹿の子」(470円)と「車海老おどり1尾」(180円)を注文。くじらの旨さはまさに絶品。「鹿の子」は赤身とは一味違うシットリ感がいい。たまらずに、お替わりした。
もちろん、車海老もピチピチした食べごたえだった。
次に「くえ薄造り」(580円)。高級魚がこの値段で食べられるのも、この店のいいところ。




めったに食べられない「くえ」をここぞとばかりに堪能した。
勢いにのって「近海のしめさば」(380円)と「たこ酢味噌」(380円)を頼んで、カウンターの端は刺し身で百花繚乱の賑わい。
安くて旨いから勘定を気にせずにこんなことができる。それも、ここが「スタンドふじ」だから……。
ホンマにありがたい店だ。

文=「ヨブル」編集部

チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか

韓国女子に聞いてみる!完璧な美白肌を手に入れる7原則

カラーフード!カラダにも良いキレイ色の野菜&フルーツ

絢爛たるパク・ボゴム!『雲が描いた月明り』の世子の役で大人気

ページ:
1

2

関連記事

注目記事のエッセンス1

記事「初心者でも大丈夫!おいしいキムチの作り方」

白菜は、塩漬けしたものを用意する。自宅で漬ける場合は、大きめのボールに入れた白菜の根元にまんべんなく塩を入れ込み、呼び水となる薄めの塩水を下に引いておく。呼び水を入れる理由は、日本の白菜は水分が少なめだからだ。
そして、重石をのせて一晩寝かせる。翌日に白菜の塩水を捨てながら、塩加減を調整していく。日本のおしんこより塩味が少し薄いくらいがちょうどいい。
また、面倒なときは、白菜の塩漬けを買ってくるという方法もある。
さらに、キムチ作りに欠かせないのが味の決め手となるヤンニョム。これをつくる際は、ごはんを入れることが大事なポイント。ごはんは糊の役目を果たし、キムチ全体にとろみを出してくれる。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。
そのチーズも2種類というのが基本。1つはモッツァレラチーズで、もう1つはチェダーチーズである。鉄板の中央に2種類のチーズがたっぷり載せられている光景は、まさに圧巻である。

ページ上部へ戻る