『華政』の主人公/貞明(チョンミョン)公主の人生!

息子たちに言い聞かせた教訓

仁穆王后は1632年に48歳で世を去った。
途端に仁祖は貞明公主を冷遇するようになったが、彼女はよく辛抱した。しかも、応援してくれる高官も多かった。
すべて貞明公主の人徳のおかげである。
彼女は、夫の洪柱元との間で、7男1女を育てた。息子たちはそれなりに出世して家門を高めた。
1672年に洪柱元が66歳で亡くなったが、その後も貞明公主は夫を供養しながら穏やかな日々を過ごした。




1682年、79歳になった貞明公主は人生の終わりが近いことを自覚し、息子たちに
「私が世を去ったあとに子孫の間で争いが起きないようにせよ」と言い聞かせた。数々の苦難を経てきた彼女は、息子たちに「人の過ちに寛容であること」「人の道にはずれないこと」「一族が仲良く暮らすこと」を願ったのである。
そして、貞明公主は1685年に82歳で亡くなった。
所有していた広大な土地は子孫に受け継がれた。貞明公主が「朝鮮王朝で一番の大地主だった王女」と称されたのも当然だった。

記事提供:「朝鮮王朝オッテヨ」http://otteyo.com/

韓国女子に聞いてみる!完璧な美白肌を手に入れる7原則

美しさを保つ女優ハン・ヒョジュが大好きなものは?

これが冬の新しい定番!韓国コスメ・ファンデーション

絢爛たるパク・ボゴム!『雲が描いた月明り』の世子の役で大人気

ページ:
1 2

3

関連記事

各ジャンルの紹介

本サイトは以下のようなジャンルに分類されています。左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。

〔各ジャンルの分類〕
●オススメ記事
●韓流
・韓流スター
・トッケビ
・ドラマ
・兵役
●ヘルシー
●ビューティー
●グルメ
●韓国時代劇の人物
●歴史
・日本の歴史
・韓国の歴史
●旅行/エッセイ
・旅行
・散策
・ワガマ散歩
・恋愛博物館
・黒猫ミネット日記
●編集部

注目記事のエッセンス1

記事「初心者でも大丈夫!おいしいキムチの作り方」

白菜は、塩漬けしたものを用意する。自宅で漬ける場合は、大きめのボールに入れた白菜の根元にまんべんなく塩を入れ込み、呼び水となる薄めの塩水を下に引いておく。呼び水を入れる理由は、日本の白菜は水分が少なめだからだ。
そして、重石をのせて一晩寝かせる。翌日に白菜の塩水を捨てながら、塩加減を調整していく。日本のおしんこより塩味が少し薄いくらいがちょうどいい。
また、面倒なときは、白菜の塩漬けを買ってくるという方法もある。
さらに、キムチ作りに欠かせないのが味の決め手となるヤンニョム。これをつくる際は、ごはんを入れることが大事なポイント。ごはんは糊の役目を果たし、キムチ全体にとろみを出してくれる。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る