2018年版「ベスト・コスメ」/イザノックス&ハクスリー編

 

今回は、ファッション&ビューティー誌『Allure Korea』が選ぶベスト・コスメの第4回目の紹介。取り上げたブランドはイザノックスとハクスリー。果たして、編集者たちは、どんな評価をしたのだろうか。

「デュアルカバークッション」

イザノックスのアイテム

ますます激しい競争のクッションファウンデーション部門。イザノックスの「デュアルカバークッション」はサラサラとした仕上がりが特徴だ。
それだけでなく、カバーする力と持続力も備えていて、マットクッションファンデーションの中でも特に評価が高かった。




内面はしっとりして表面はサラサラ。1日中、肌を快適に包み込んでくれる。
モイストフィットオイルを配合してリキッドコンシーラーを塗ったかのように柔らかく密着され、毛穴を塞ぐことなく皮膚の凹凸を均等に消す。
まさに、いつでもどこでも手軽に美肌を演出するベストクッションファンデーションと言える。(ページ2に続く)

2018年版「ベスト・コスメ」/トニーモリー編

2018年版「ベスト・コスメ」/ニスル&雪花秀編

韓国女子に聞いてみる!完璧な美白肌を手に入れる7原則

これが冬の新しい定番!韓国コスメ・ファンデーション

ページ:

1

2

関連記事

注目記事のエッセンス1

記事「初心者でも大丈夫!おいしいキムチの作り方」

白菜は、塩漬けしたものを用意する。自宅で漬ける場合は、大きめのボールに入れた白菜の根元にまんべんなく塩を入れ込み、呼び水となる薄めの塩水を下に引いておく。呼び水を入れる理由は、日本の白菜は水分が少なめだからだ。
そして、重石をのせて一晩寝かせる。翌日に白菜の塩水を捨てながら、塩加減を調整していく。日本のおしんこより塩味が少し薄いくらいがちょうどいい。
また、面倒なときは、白菜の塩漬けを買ってくるという方法もある。
さらに、キムチ作りに欠かせないのが味の決め手となるヤンニョム。これをつくる際は、ごはんを入れることが大事なポイント。ごはんは糊の役目を果たし、キムチ全体にとろみを出してくれる。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。
そのチーズも2種類というのが基本。1つはモッツァレラチーズで、もう1つはチェダーチーズである。鉄板の中央に2種類のチーズがたっぷり載せられている光景は、まさに圧巻である。

ページ上部へ戻る