チャン・グンソクがなる社会服務要員の役割とは何か

 

チャン・グンソクが社会服務要員として兵役を履行することになった。社会服務要員とは、果たしてどんな役割をもっているのだろうか。全体像を説明していこう。

4級が補充役

徴兵検査で1級から3級までの判定を受けると「現役兵」となるが、4級の判定を受けると「補充役」になる。
この補充役のほとんどが社会服務要員になる。
それでは、どんな場合に4級の判定を受けるか。




一応、健康体ではあるが、喘息などの持病があったり、事故などで身体に後遺症が残っている場合に補充役になるケースが多い。
実際、イ・ミンホやチョン・イルが補充役の判定を受けたのも、過去に交通事故で大怪我を負っていたからである。チャン・グンソクの場合は、双極性障害(そううつ病)によって4級の判定を受けたという。(ページ2に続く)

チャン・グンソクは社会服務要員としてどんな日々を送るのか

チャン・グンソクの兵役4級判定を検証する!

新兵訓練でみんなが一番いやがるのが化学ガス訓練!

芸能人の兵役が気になったらまず知るべき基本知識!

韓流スターはどんな準備をして兵役に入っていくのか

ページ:

1

2 3

関連記事

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る