コン・ユ主演の『トッケビ』がこんなにも面白い理由とは?

主要キャストの魅力

ウンタクに扮したキム・ゴウン。彼女は、映画『ウンギョ 青い蜜』で衝撃的なデビューを果たした女優だ。
今の韓国で個性的な女性を演じさせたら、ピカイチの存在感を持っている。
そんなキム・ゴウンが演じるウンタクは、死神や幽霊のような人物たちと共同生活をすることになるが、不思議な局面でもキム・ゴウンが演じると、ごく自然なシチュエーションに感じられる。




それは、彼女が場面に応じて七変化するからだ。視聴者は、変わっていくウンタクの姿をドラマの進行とともに楽しむことができる。
一方、イ・ドンウクが演じる死神は、人間を悲劇に追い込む存在のはずなのに、わがままなサニー(ユ・インナ)に惚れ込んだり、ドジなミスをおかしたりしてしまう。
どこか憎めない死神なのだ。そんな変わった役柄をイ・ドンウクが巧みに演じてドラマを盛り上げていた。
やはり、『トッケビ』が面白い理由は、すばらしい脚本と主要キャストの魅力に尽きる、と言える。

文=「ヨブル」編集部

今の韓国ドラマなら『トッケビ』を絶対見たい!

『トッケビ』で演技を絶賛されたコン・ユ

コン・ユが導く『トッケビ』の世界が人間の生死を乗り越えていく

https://goo.gl/3W8fMW

『トッケビ』を見ているとコン・ユのすごさがわかる!

https://goo.gl/AqYkMT

『トッケビ』のコン・ユ!出演依頼を5年も断った彼の演技は?

https://goo.gl/ePDuSH

ページ:
1 2

3

関連記事

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る