光海君(クァンヘグン)の斬首を執拗に主張した仁穆(インモク)王后!

同じ空の下で生きられない

綾陽君は仁穆王后の懇願を受け入れるわけにはいかなかった。クーデターで追放したとはいえ、先の王を斬首できるわけがない。
仁穆王后は綾陽君に言った。
「即位して私の意をくんでくれるのならば、私のために復讐するのが孝行というものではないですか」
「このように部下たちがいるのに、私がどうやって思いどおりに振る舞うことができるでしょうか」




「なぜ、部下たちの指示に従う必要があるのですか。父母の仇とは同じ空の下で生きることはできないし、兄弟の仇とは同じ国で生きることはできないのです。逆魁が自分で母子の道理を破り、私にはかならず晴らさなければならない怨みがあり、これだけは絶対に譲ることができない」
仁穆王后は強硬だった。彼女は、執拗に光海君の斬首を主張した。しかし、廃位にした王をさらし首にすることだけは、綾陽君も絶対にできなかった。
結局、綾陽君は仁祖として即位した後も、光海君の斬首を認めなかった。仁穆王后は積年の怨みを完全な形で晴らすことはできなかったのだ。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

光海君(クァンヘグン)!暴君ではなく名君?

金介屎(キム・ゲシ)!光海君(クァンヘグン)の裏で暗躍した女官

『華政』の主人公/貞明(チョンミョン)公主の人生!

仁祖(インジョ)!弟の復讐を果たして即位

張禧嬪(チャン・ヒビン)の息子の景宗(キョンジョン)はどんな王だったのか

ページ:
1 2

3

関連記事

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る