張禧嬪(チャン・ヒビン)の息子の景宗(キョンジョン)はどんな王だったのか

 

1720年6月8日に19代王の粛宗(スクチョン)が亡くなった。それによって、粛宗と張禧嬪(チャン・ヒビン)との間に生まれた世子(セジャ)が20代王・景宗(キョンジョン)として即位した。

写真=植村誠




人々が讃えた王

景宗は1688年に生まれた。
性格が良く人望があった。
彼には名君になる素質があったのだが、在位わずか4年2カ月で亡くなってしまった。景宗には息子がいなかったので、異母弟が22代王となった。それが、朝鮮王朝の国王の中で一番長生きした英祖(ヨンジョ)である。母は淑嬪・崔氏(スクピン・チェシ/ドラマ『トンイ』の主人公)だった。
なお、景宗が世を去ったのは、1724年8月25日のことだった。その日の夜には流星が見られたと「朝鮮王朝実録」は記している。さらに、景宗の人柄について以下のように記している。




「殿下は天性と言えるほど慈しみにあふれ、人徳があった。仁顕(イニョン)王后に孝を尽くし、幼い頃から学問に励み、物欲のない方だった。人々は神聖にして徳があると讃えた。しかし、憂いが積もって病を得て、それがつらくなるにつれて国を治めることに専念できず、御前会議でも一貫して沈黙し、政治を臣下たちにまかせた。それでも、お亡くなりになられた日には臣下や民衆の間で嘆き悲しまない人がいないほどであった。誰もが哀悼し、慕い、敬っていたのだ」
まさに最大級の称賛ぶりである。(ページ2に続く)

トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?

張禧嬪(チャン・ヒビン)!側室に転落した王妃

粛宗(スクチョン)の母が張禧嬪(チャン・ヒビン)を王宮から追い出した!

朝鮮王朝三大悪女の鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)は救いようがない悪女!

金介屎(キム・ゲシ)!光海君(クァンヘグン)の裏で暗躍した女官

ページ:

1

2

関連記事

注目記事のエッセンス1

記事「初心者でも大丈夫!おいしいキムチの作り方」

白菜は、塩漬けしたものを用意する。自宅で漬ける場合は、大きめのボールに入れた白菜の根元にまんべんなく塩を入れ込み、呼び水となる薄めの塩水を下に引いておく。呼び水を入れる理由は、日本の白菜は水分が少なめだからだ。
そして、重石をのせて一晩寝かせる。翌日に白菜の塩水を捨てながら、塩加減を調整していく。日本のおしんこより塩味が少し薄いくらいがちょうどいい。
また、面倒なときは、白菜の塩漬けを買ってくるという方法もある。
さらに、キムチ作りに欠かせないのが味の決め手となるヤンニョム。これをつくる際は、ごはんを入れることが大事なポイント。ごはんは糊の役目を果たし、キムチ全体にとろみを出してくれる。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。
そのチーズも2種類というのが基本。1つはモッツァレラチーズで、もう1つはチェダーチーズである。鉄板の中央に2種類のチーズがたっぷり載せられている光景は、まさに圧巻である。

ページ上部へ戻る