済州島(チェジュド)で滝と奇岩を堪能する!

 

済州島(チェジュド)は楕円形をした韓国最大の島。面積は約1800平方キロメートルで、沖縄本島の約1・5倍である。島の中央に韓国最高峰の漢拏山(ハルラサン)がそびえている。標高は1950メートル。これほど高い山が南北を隔てる壁の役割をしているので、島の北部と南部では気候が変わってくる。

正房瀑布(チョンバンポッポ)




絶壁の風景は雄大

南部側の西帰浦(ソギポ)市の人に言わせると、「北側は北風も強いし、南に比べると気温も2度や3度低い。温かいし、住むなら南側だよ」ということになる。
けれど、島を上下に真っ二つにすると、北側に40万人ほどが住み、南側には15万人がいる。
北側と南側とでは地形も違う。済州島を一周してみるとよくわかるが、北側は平坦な海岸線が多いが、南側は絶壁ばかりである。よって、有名な滝は南側に偏っている。一説によると、漢拏山が大爆発したときに、その衝撃で南側が隆起し北側が沈んだという。火山の噴火で島が南北方向に傾いたというわけだ。
観光の面から見れば、恩恵を受けたのは南側だ。絶壁の風景は雄大だ。
その1つが、西帰浦市にある正房瀑布(チョンバンポッポ)だ。




間近で見てみる。
行き場を失った水が、豪快に海に落ちていく。高さは23メートル。正房瀑布の下に立つと、どんどん水しぶきが飛んでくる。
頭が濡れる。シャツが濡れる。だが、離れる気はサラサラない。滝の水しぶきをこんなに浴びるなんて、まさに初めての体験で爽快だ。
(ページ2に続く)

青春18きっぷ!最高の景色を求めて行く高原の旅(前編)

見つけた!知られざる「龍門の滝」

浅草を気ままに歩く(前編)

ブラリ散策に役立つ「新大久保の歩き方」

康熙奉(カン・ヒボン)のワガママ散歩10「南紀ローカル線」

ページ:

1

2

関連記事

注目記事のエッセンス1

記事「初心者でも大丈夫!おいしいキムチの作り方」

白菜は、塩漬けしたものを用意する。自宅で漬ける場合は、大きめのボールに入れた白菜の根元にまんべんなく塩を入れ込み、呼び水となる薄めの塩水を下に引いておく。呼び水を入れる理由は、日本の白菜は水分が少なめだからだ。
そして、重石をのせて一晩寝かせる。翌日に白菜の塩水を捨てながら、塩加減を調整していく。日本のおしんこより塩味が少し薄いくらいがちょうどいい。
また、面倒なときは、白菜の塩漬けを買ってくるという方法もある。
さらに、キムチ作りに欠かせないのが味の決め手となるヤンニョム。これをつくる際は、ごはんを入れることが大事なポイント。ごはんは糊の役目を果たし、キムチ全体にとろみを出してくれる。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。
そのチーズも2種類というのが基本。1つはモッツァレラチーズで、もう1つはチェダーチーズである。鉄板の中央に2種類のチーズがたっぷり載せられている光景は、まさに圧巻である。

ページ上部へ戻る