『秘密の扉』に登場する英祖(ヨンジョ)とイ・ソン(思悼世子)の親子関係は?

思悼世子について紹介している『いまの韓国時代劇を楽しむための朝鮮王朝の人物と歴史』(康熙奉〔カン・ヒボン〕著/実業之日本社発行)

8日目の発見

なんとイ・ソンの敵は、彼のすぐそばにいる人たちだった。たとえば、イ・ソンの妻(恵慶宮〔ヘギョングン〕)の叔父・洪麟漢(ホン・イナン)、英祖の二番目の正室だった貞純(チョンスン)王后、イ・ソンの妹の和緩(ファワン)王女など。これだけ身内に陥(おとしい)れられたら、イ・ソンはひとたまりもないだろう。




彼にも落ち度は多かった。側室を殺すという犯罪をおかしていたし、妓生(キセン)と放蕩も繰り返した。
かつて神童と呼ばれた頃の面影はなかった。
さらに、老論派にそそのかされた官吏がイ・ソンの謀反の疑いを訴えるにおよんで、怒りで分別をなくした英祖はイ・ソンに自決を命じ、それが実行されないと見ると、我が子を王宮の中庭で米びつに閉じ込めてしまった。
それは、68歳だった老いた君主の乱心に他ならなかった。
イ・ソンは米びつに閉じ込められたまま、食べ物と水を与えられなかった。この間、父の英祖はどのように過ごしたのだろうか。我が子を許す、という気持ちには一度もならなかったのだろうか。
結局、イ・ソンが息絶えていることが発見されたのは、閉じ込められてから8日目のことだった。一体、いつ息絶えたのかもわからない有様だった。かりにも次の王位につく世子であったのだが……。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

康 熙奉(カン ヒボン)
1954年東京生まれ。在日韓国人二世。韓国の歴史・文化や日韓関係を描いた著作が多い。特に、朝鮮王朝の読み物シリーズはベストセラーとなった。主な著書は、『知れば知るほど面白い朝鮮王朝の歴史と人物』『朝鮮王朝の歴史はなぜこんなに面白いのか』『日本のコリアをゆく』『徳川幕府はなぜ朝鮮王朝と蜜月を築けたのか』『悪女たちの朝鮮王朝』『宿命の日韓二千年史』『韓流スターと兵役』など。最新刊は『いまの韓国時代劇を楽しむための朝鮮王朝の人物と歴史』

英祖(ヨンジョ)は景宗(キョンジョン)のおかげで国王になれた!

英祖(ヨンジョ)!在位が一番長かった国王

英祖(ヨンジョ)はイ・ソン(思悼世子〔サドセジャ〕)に自決を命じた!

思悼世子(サドセジャ)!米びつで餓死した王子

英祖(ヨンジョ)はイ・ソン(思悼世子〔サドセジャ〕)の死後に後悔した!

ページ:
1

2

関連記事

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る