英祖(ヨンジョ)はイ・ソン(思悼世子〔サドセジャ〕)に自決を命じた!

 

朝鮮王朝で起こった悲劇の筆頭は、英祖(ヨンジョ)が息子のイ・ソン(思悼世子〔サドセジャ〕)を餓死させた事件だ。素行が悪かったイ・ソンに英祖は腹を立てていたが、イ・ソンに謀反の疑いがあるという告発も出てきて、ついに英祖の堪忍袋の緒が切れてしまった。




「父を許してください」

旧暦の1762年閏(うるう)5月13日のことだった。
21代王の英祖(ヨンジョ)は息子のイ・ソンを呼び出した。
父の叱責を恐れて震えながらやってきたイ・ソンが見たのは、刀をふりかざして激怒している父の姿だった。
イ・ソンは地面に頭をこすりつけて謝罪した。
「お許しください。もう二度と意にそぐわないことはいたしません」
そんな息子に対して英祖は、冷酷な言葉を浴びせた。
「自決せよ。今すぐにここで自決するのだ」
恐るべき父の剣幕に、イ・ソンは顔面が真っ青になった。
地面にこすられた額から血がふきだしていた。
高官たちも英祖のそばにいたが、彼らも国王を説得することができなかった。それほど英祖は血相を変えていた。




イ・ソンの息子のイ・サンも、助命嘆願にやってきた。
まだ10歳の彼は、祖父の英祖に対して「父を許してください」と必死に哀願した。しかし、可愛いはずの孫も、英祖の怒りを静めることはできなかった。
(ページ2に続く)

思悼世子(サドセジャ)!米びつで餓死した王子

英祖(ヨンジョ)!在位が一番長かった国王

パク・ボゴムが演じたイ・ヨンは当代随一の当たり役!

トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?

ページ:

1

2 3

関連記事

注目記事のエッセンス1

記事「初心者でも大丈夫!おいしいキムチの作り方」

白菜は、塩漬けしたものを用意する。自宅で漬ける場合は、大きめのボールに入れた白菜の根元にまんべんなく塩を入れ込み、呼び水となる薄めの塩水を下に引いておく。呼び水を入れる理由は、日本の白菜は水分が少なめだからだ。
そして、重石をのせて一晩寝かせる。翌日に白菜の塩水を捨てながら、塩加減を調整していく。日本のおしんこより塩味が少し薄いくらいがちょうどいい。
また、面倒なときは、白菜の塩漬けを買ってくるという方法もある。
さらに、キムチ作りに欠かせないのが味の決め手となるヤンニョム。これをつくる際は、ごはんを入れることが大事なポイント。ごはんは糊の役目を果たし、キムチ全体にとろみを出してくれる。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。
そのチーズも2種類というのが基本。1つはモッツァレラチーズで、もう1つはチェダーチーズである。鉄板の中央に2種類のチーズがたっぷり載せられている光景は、まさに圧巻である。

ページ上部へ戻る