東方神起の日本ファンの善行を韓国KBSが看板ニュース番組で報じた!

 

KBSといえば韓国の公共放送。高視聴率をあげるドラマを数多く放送しているが、公共放送だけに報道に力を入れている。ニュース番組もとても多いが、朝6時から生放送で放送しているのが「ニュース広場」だ。2019年2月8日の同番組では、東方神起の日本のファンが韓国に支援金を贈ったというニュースが放送された。




アナウンスされた内容は?

私(康熙奉〔カン・ヒボン〕)は、「ニュース広場」をよく見ている。
2月8日の同番組では「米朝首脳会談」「韓国の国内政治」「インターネットの名誉毀損問題」などを大々的に報道していた。
しかし、後半の文化を伝えるコーナーになって「オッ!」と注目したのが、東方神起の日本のファンに関するニュースだった。
東方神起のライブの映像を背景にして、ニュースは次のような言葉から始まった。
「東方神起のメンバーのユンホ氏の日本のファンたちが、我が国の低所得層の小児患者のために支援金を寄付しました」




引き続いて、報道は次のようにアナウンスされた。
「緑の傘子ども財団は、『ユンホ氏の誕生日を迎え、日本にあるファンクラブが支援金1500万ウォンを送ってきました』と発表し、『このお金は小児患者の服を支援するための事業に全額使用します』と説明しました。このファンクラブの善行はこれが初めてではないので、さらに注目を集めています」
(ページ2に続く)

イ・ジュンギ、ヒョンビン、東方神起ユンホ/入隊時に語った名セリフを思い出す

「芸能兵」の廃止が芸能人の兵役にどう影響したのか

兵役で軍楽隊に入る芸能人が多いのはなぜ?

超解説!兵役で入る軍楽隊とは何か?

除隊日情報!2019年上半期は大物芸能人の除隊ラッシュになる

兵役に入ったスターがイジメを受ける心配は?

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る